シルバーシー(シルバー・ムーン)× ジャパネットクルーズで巡る日本絶景ツアー 乗船記の続きです。

前回まで
ラグジュアリー船 シルバーシー×ジャパネットクルーズ 日本絶景ツアー乗船記1
ラグジュアリー船のスイートルーム シルバー・ムーン乗船記2
船内8つのレストラン シルバーシー×ジャパネットクルーズ 乗船記3 
クルーズ船のスパ・ジム・プール シルバーシー×ジャパネットクルーズ乗船記4


今日は、船内の各施設について。
船内には、前々回のブログでご紹介した8つのレストラン(リンク)の他に、5つのバー / ラウンジがあります。

FullSizeRender
ここでは、寄港地ゆかりのお酒を楽しめます。日本エリアということで、日本酒や日本酒カクテルがあったり、あと、台湾のウィスキーを使用したカクテルや、中国のお酒もあったりと、メニューを見るだけでも楽しめました。



FullSizeRender
なんとメニューが日本語になっている…!
というのは、レストランのお食事メニューは、初日から日本語でした。でも各ラウンジやバーのドリンクメニューは、英語のままだったんですね。バーでは、皆さまそれぞれお気に入りのカクテルやお酒があるでしょうし、そうたいして困ることもないと思うのですが、その英語メニューが、ある日、日本語に切り替わっていたのです。こんな親切なことがあるのですね…。この他にも、それぞれのレストランのファサード看板の前に、営業時間が記載されるようになったり、アメニティーバーに、新たなアイテムが加わったり、客室冷蔵庫には、日本製のミネラルウォーターも追加されるようになったりなどなど(書ききれない)。。。スタッフの方が気づかれたことや、お客様のお声を聞いて、それが毎日反映され、日に日にサービスが良くなっていく&親切度が増しているんですよね。 



IMG_5094
ここでは、シルバー・ムーンのシグネチャーカクテルをいただきました。
こぢんまりとしていて、唯一、窓がないバーなのですが、老舗バーを感じる重厚感ある雰囲気で、私にとっては、非日常を感じられてよかったです。



FullSizeRender
続いて、5階にあるドルチェヴィータ ラウンジ。バー / ラウンジの中では、一番の広さを誇ります。
入り口すぐには、レセプションやエクスカーションデスク(ジャパネットデスク)があるので、利用者は一番多いラウンジかもしれません。



FullSizeRender
1日を通してドリンクサービスがあり、夕方には、ピアノやギターの生演奏も。
ドリンクに添えられているカナッペは、どこのラウンジ/バーでも用意されていて、日によって少しずつ内容が変わっていました。



FullSizeRender
続いて、8階にあるアートカフェ。
絵画や彫刻が展示されていて、販売もされているみたい。



FullSizeRender
ここは、朝6時から夜の11時までの営業で、朝はスムージー、昼はラップサンド、ティータイムには、ノンシュガークッキーなど、ヘルシーメニューも充実しています。
また、終日営業しているので、朝食やランチを食べ逃した、もしくは、ちょこっとだけつまみたい!という時にも重宝します。



FullSizeRender
屋外席もあるので、海を眺めながらアフタヌーンティーやアペリティフも楽しめます。



FullSizeRender
フードはショーケースから好きなものを選べるのも嬉しい。実物を見て決められるので、想像と違ったということがなくて、舌の混乱はありません^^



FullSizeRender
4時間ごとにフードが変わるので、いつ訪れても新鮮でした!
一番のおすすめは、



FullSizeRender
アートカフェの顔となるウェイターさんと、デトックスウォーター。
私は同じ8階に滞在していたので、何度も行き来しましたが、とてもユーモアあふれる方で、毎回会話をする度に、笑わせてくださいました。
デトックスウォーターは、とても人気のようで、よく召し上がっている方の姿をお見かけしました。船旅は食べすぎてしまう…なんて方も少なくないと思いますので、皆さまこういったところで、うまく調整されているのかなと思います。



FullSizeRender
朝食を食べないときは、ジムへ行った後にこちらに立ち寄って、珈琲をいただいたり、



FullSizeRender
ティータイムには、クロテッドクリーム付きスコーンとミルクたっぷりのアールグレイを。大好きな組み合わせを存分に楽しめました。  しかもスコーンもしっかり美味しい♡ お紅茶は、ロンネフェルト。カップ&ソーサーもロンネフェルトでした。



FullSizeRender
ショーやコンサートが終わった後に、1杯飲んで、お部屋に戻ることも。



FullSizeRender
屋外席からは、こんな感じで息をのむ幻想的な景色に出合ったり…。
同じフロアだったこともあり、本当に頻繁に通いました。私は左舷(ポート)側のお部屋だったのですが、同じ海の上でも、当然反対(右舷側)の景色はまた違いますから、行き来して、見比べてみたりということが気軽にできたのも、小型船ならではだなと思いました。



FullSizeRender
続いて、9階にあるコノシュアーズコーナー。



FullSizeRender
シガーバーで、こちらは船内で唯一喫煙できる場となります。



FullSizeRender
屋外にありますが、屋根があるため雨でも心配ありません。



FullSizeRender
続いて、同じく9階にあるパノラマラウンジ。床から天井まで全面窓のラウンジで、船内に居ながらして、景色を楽しめます。
夕方からは、シルバー・ムーントリオの演奏もあり、こちらでも何度かアペリティフをいただきました。



FullSizeRender
ひとりの時もあれば、



FullSizeRender
顔見知りになったマダムと一緒に楽しむことも^^

社交的な方が多く、いろいろな方に話しかけていただけて、旅とは♪人生とは♪健康とは♪など、貴重なお話を聞くことができ、これも船旅ならではの楽しみだなと。



FullSizeRender
こちらにも屋外席が設けられています。



IMG_2669
最後は、11階にあるオブザベーションライブラリー。
最上階にあるパノラマビューを楽しめるラウンジですが、



IMG_5096
ライブラリーも兼ねていて、青山ブックセンターがジャパネットクルーズのために選書した本が1000冊並んでいます。寄港地についての本や、囲碁、将棋などのゲームも。



FullSizeRender
こちらのラウンジは、24時間オープンしていて、本は自由に持ち出し可能でした。
また、日中は、セルフサービスで、珈琲やお紅茶をいただけますし、



FullSizeRender
夜6時から深夜までは、バーがオープンしています。



FullSizeRender
夜は真っ暗になってしまって、景色をあまり楽しめないので、



FullSizeRender
日中の訪問がおすすめです^^



FullSizeRender
でも、夜に同行者が寝てしまって、自分はまだ起きていたいという時に、ここのラウンジは重宝しそうと思いました。実際に、私は、欧州に行くと時差ボケが酷いので、そういった時にお部屋以外に、ゆっくり寛げる24時間利用可のラウンジがあったらいいな~と思うことが多々あったので。

以上、5つのバー/ラウンジのご紹介でしたが、他にも10階のプールサイドにはバーがあり、そちらでもドリンクを楽しめますし、



IMG_3528
11階のピッツェリアの隣には、ジェラート屋さんがあり、こちらでは終日、美味しいジェラートがいただけます。



FullSizeRender
毎日このジェラートを食べたいがために、ジムで走ります歩きます。



FullSizeRender
レストランやバー/ラウンジは、営業時間が変わることがあるので、毎日船内新聞でチェックをして、1日の予定を決めていました。



IMG_2666
続いて、他の施設について。
各階のエレベーター&階段前に船内マップがあります。数日経つと、船内のどこに何があるか、だいたい把握できてしまうと思いますが、それでも、「今何階だったかな?」「あれ?〇〇は何階にあったかな?」と思うこともあったので、このマップが各フロアにちょこちょこ登場するのは、とても助かりました。



FullSizeRender
階段は、船首側と、船内中央に一つずつあり、中央にある階段は、螺旋階段になっています。私は、運動のため、エレベーターではなく、階段を利用することも多かったです。



FullSizeRender
船内には、至る個所に、このような形で消毒スプレーが置かれていました。



FullSizeRender
各フロアに、洗濯機・乾燥機・アイロンが設置されているセルフランドリールームがあり、自由に利用できます。液体洗剤も用意され、日本語の説明書もありました。



FullSizeRender
5階にあるエクスカーションデスク。ここには、ジャパネットのスタッフの方がいらっしゃり、オプショナルツアーや寄港地に関しての相談ができます。困ったら、日本語で相談に乗っていただけるのは、心強いですよね。



FullSizeRender
同じく5階にある、ヴェネチアンラウンジ。
プロダクションショーや、映画、講演など多彩なプログラムが開催されるラウンジで、出国審査、入国審査もこちらで行われました。



FullSizeRender
ショータイムのある日には、このような歓迎セレモニーも。



FullSizeRender
ジャパネットクルーズが主催するショーは、撮影禁止となりますが、シルバーシーが主催するショーは、撮影が可能でした。シャンパンやカナッペをいただきながら、ショーが始まるのを待ちます。



IMG_5113
ウエルカムパーティーでは、日本語通訳も入ります。



FullSizeRender
実力あるダンサーや歌手の迫力あるショーを夜な夜な楽しむ。これぞクルーズ船での旅です♪



FullSizeRender
以前と重複しますが、7階にカジノがあり、頻繁にイベントも開催されていました。



FullSizeRender
8階にあるブティック。営業は、夜8時から2時間くらい。3ブースに分かれていて、シルバーシーブランドのお土産、化粧品や日用雑貨のほか、想像以上に、お洋服・ジュエリー・バッグ類など、ファッションアイテムが充実していました。 このお写真では伝わりにくいと思いますが、ブティックは想像以上に広かったですし、お品も多かったです。



FullSizeRender
エルメスやロレックスのシルバームーンコレクションもあります。

安心してください、Display Onlyのタグは一切ありません。笑


お部屋は広く、バルコニー付き。WIFIも割とスムーズでストレスなく利用でき、その上、24時間いつでもルームサービスが可能ですから、寄港地で下船する時や夕食の時以外は、お部屋でゆっくり過ごしても十分快適なクルーズライフがおくれるのですが、これだけのラウンジ/バーが充実して、かつどこも素敵な空間なので、毎日船内のどこかにお出かけしたくなってしまうのですよね。
なので、時間がたっぷりあるだろうと思っていても、けっこう毎日遊ぶのに忙しくて、あっという間に11日間が過ぎてしまいました^^







インスタグラム


*******************
☆一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村
*******************