東京滞在記。前回→ 

ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町では、クラブデラックスキングに滞在しました。

IMGP7836

お部屋は42㎡と決して広くはないのですが、扉を開けてベッドルームにいくまでに「廊下」と言えるほどの距離があって、それが期待感を持たせてくれてよかったです。



IMGP7840
ベッドルームに入った瞬間、目に飛び込んでくるのは、



IMGP7832
この素晴らしい景色!



IMGP7831
デイベッドに横たわるとまるで宙に浮いているような気持ちに。



IMGP7851
大きな窓からは、東京の素晴らしいビューを見渡すことができました。



IMGP7852
IMGP7854
全客室、違ったビューを見渡せるわけですが、赤坂という場所柄、どの方向でも素敵な景色を
眺めることができるので、眺望に関しては、どのホテルにも負けないようです。



IMGP7856
この日は快晴で、スカイツリーもくっきり眺めることができました。



IMGP8193
窓は開きませんが、外気の取入れができるようになっていて、こちらを開けると、外の音も聞こえるようになっています。高層ビルでも、フレッシュな空気が入ってくるのは気持ちがいいです。



IMGP7837
IMGP7839
IMGP7841
IMGP7842
他の都内のラグジュアリーホテルは最低でも、40㎡後半から50、55㎡が多いイメージがありますので、気持ち狭いかな~とは思うのですが、窓際のデイベッドがその狭さを補っている感じがします。この空間にさらにソファーがあればきっと窮屈さもあったと思うので。



IMGP7848
ベッドは低めですが、横たわったまま、景色が見渡せるような設計になっています。



IMGP7857
デスク。ベッド、バスタブから景色を見渡せるような設計になっているので、デスクはここに置かざるを得ないのだろうなと思うのですが、ちょっと使いづらさはありました。でも寝るとき以外は、クラブラウンジでパソコンをしていたので、全く問題はなかったです。 こういうお部屋ですと、クラブラウンジアクセスはやはりあった方がいいな、と思いました。



IMGP7860
最近の流行りなのでしょうか。お風呂はスケスケ。エロいです(●´ω`●)  星のや東京と同じ!(しかも同じ月にオープンしているんですよね)→ →



IMGP7862
真っ白い壁はクローゼット。



IMGP7864
バスルーム、特に洗面台の部分が狭いですが、



IMGP7867
その分、バスタブを広く、、と考えると仕方ないことだと思います。お風呂に入ったまま、外の景色を味わえるようになっています。だからスケスケなんです~!



IMGP7866
もちろん、スイッチ一つで透明になる瞬間曇りガラスが利用されているので、スケスケのままシャワー浴びるという心配もありません^^ 私はこのまま浴びますが^^



IMGP7869
バスルームは、近未来的な感じで、素敵でした。



IMGP7871
お手洗いは、しっかり扉が閉まるタイプのモノ。



IMGP8031
バスアメニティは、フランスのスキンケアブランド、REMEDE(ルメードゥ)。世界各地のラグコレ他、セントレジス ホテルでも採用されています。シャワージェルがスクラブ入り。これは賛否わかれるようですが、個人的には好き。



IMGP8051
洗面台の棚のアメニティも豊富にそろいます。お箱がしっかりしていて、高級感があります。



IMGP8043
ボディタオルやスポンジも、クオリティ高いです。日本のホテル&旅館のバスアメニティ、特に綿棒やコットンなど、一つ一つの質が高いなと思います。海外のですと、サイズが違うというのはもちろんなのですが、綿が荒いと言いますか、繊細さに欠けているな~と思うこともあります。



IMGP8045
タオルは今治で作られたホテルオリジナルのもの。



IMGP8042
ターンダウンサービスの際に置かれていた肌触りの良いパジャマ。



IMGP8058
浴衣も用意されています。宿泊ゲストは外国人率が高いので、外国人には喜ばれそうですね。



IMGP8032
ミニバー。クラブラウンジでいただけるのと同じようなラインナップでした。



IMGP8033
素敵だったのは、ポットや食器。 ホテルのオリジナルだそうで、お部屋によって変わるのだとか。ポップなカラーが可愛いです。



IMGP8034
珈琲マシンもオレンジ。



IMGP8035
一つ一つ、違う段に入っていて、開くたびに胸キュンでしたわ♥



IMGP8036
お紅茶のティーバッグはホテルオリジナル。



IMGP8037
このオレンジカラーのコーヒーカップも可愛いです。



IMGP8048
照明を操作する液晶タッチパネル。とても細かいのですが、イラスト&日本語入りなので分かりやすい^^



IMGP8049
タブレット型端末。お部屋の温度設定からルームサービス、カーテンの開け閉め等々。これ一つで何でも来いといった感じ。  すごいな~と思ったのは、ここで温度調整をしておくと、そのデータがホテルの記録に残り、次回の滞在時には、予めそのゲストの好みの温度に設定されているのだとか。人工知能を入れてかなり賢いタブレットになっているみたいです。



IMGP8050
IMGP8060
まだ開業したばかりですからポストカードの用意はなかったですが、ホテルの備品に関しては申し分ないほど充実していました。



IMGP8062
デスクがドレッサー代わりに。



IMGP8044
ターンダウンサービス後にはチョコレート。



IMGP8066
朝焼けを眺めながら、珈琲いただきました。東京で迎える朝もやっぱり素敵。


インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.11''  リッツパリ 贅を尽くしたココ・シャネルの残り香

*******************