おはようございます。

昨日は、現地時間、夜の7時半に寝て、今朝は午前2時半に起きました。
短い滞在ですから、時差の切り替えせずに、
香港・台湾時間のまま動いています。


$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

ブダペストを象徴する、セーチェーニ鎖橋。
ブダペスト市内のドナウ川沿岸には、他にもいくつか橋がありますが、
こちらが、最初に架かった橋だそうです。
そして、今回初めて知りましたが、
この橋の西岸がブダ地区、東岸がペスト地区と分かれているそうです。
合わせて、ブダペストなんですね。







$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

「ドナウの真珠」、「ドナウの薔薇」と呼ばれているだけあり、確かに美しい。







$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

橋の周りをお散歩してみました。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

観光客の方もいらっしゃいますが、
意外にも現地の方でしょうか、ランニングされている方の姿が多かったです。







$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

そして、カップルが多かったです。
もちろん、愛の南京錠も!






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

午前中の気温は、5、6度くらいでしょうか。
でも、この寒さの中、白い息を吐きながら渡る橋がまた良いのです。







$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

水辺の橋が大好きで、今までもいろいろな橋を見てきましたが、
確かにこの橋はイイ!!
多くの人々を惹き付ける場所なのだ、と納得しました。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

ライトアップされた橋もとても素敵でした。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

一見、とても華やかに感じるかもしれませんが、
実際に眺めると、どこか寂しげで陰があるような・・・気がします。


友人に
「センチメンタルになる夜景でしょう?」とお写真を送ったら、
「Cielもセンチメンタルになるんだね」と驚かれました。

「なる、のではなくて、自らなりたいらしいです。」とお返事をしたのですが、
そういう気分になりたい時ってありますよね。

海外で暮らしていても、一人での生活は自由で快適ですし、
周りの人たちに恵まれていますので、寂しいと感じることはありません。
けれども、華やかな場所へ行ったり、人に会うことが続くと、
突然誰とも会いたくなくなってしまう時があります。
例え、大好きな家族、恋人、親友であっても。

そういった気持ちのときは、さらに気持ちを鎮めたくなります。

アロマの世界でも、元気がなかったり、疲れている方に対して、
通常は、少しでも気分を明るくしたり、元気がでたり、
前向きな気持ちにさせてくれる香りを選びますが、
私は元気が無い時には、あえて盛り上げようとせず、
もっと気持ちを下げてくれる香りを選びます。

ずっと、元気ハツラツでしたり、テンションが高いよりも、
光と陰を持っていた方が、人間らしく、
バランスを保てるんですよね。

そういった意味では、ブタペストへの旅は、せつない気持ちになれる
ベストチョイスだったのでは、と思います。





$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

こちらは、昨夜いただいた「ハラースレー」です。
川や湖で採れた淡水魚をパプリカやトマトで煮込んだ、ハンガリーを代表するスープ。
これは、なまずです!
なまずをいただいたのは、おそらく人生初。
独特な香りはありますが、お魚自体は、癖も無く食べやすかったです。
出汁たっぷりのスープは、濃厚でとっても美味しかった!
魚介たっぷりのお味噌汁のようで、日本人の口に合うと思います。