2020年1月 アイスランドに行ってきました。

前回→アイスランドで滝廻り1 セリャラントスフォス

アイスランドへは初訪問でしたし、普段、アイスランド料理を口にすることはないので、地元グルメをいただくことも、とても楽しみにしていました!

FullSizeRender
到着初日に訪れたレストラン「Matarkjallarinn - Foodcellar」



FullSizeRender
地下にあり、照明が落とされていて、雰囲気が良かったです。



28514651_1031753316973349_3839045795590921333_o
ピアノの生演奏もあり、なかなかオサレなレストランでした。照明がかなり暗めで、絶賛時差ボケ(現地夜7時は、台湾の深夜)の私は、途中で寝てしまうという…



FullSizeRender
メニューはこんな感じ。 アイスランド料理の他、ヴィーガン&ベジタリアン料理も揃っていました。



FullSizeRender
まずはじめに、プレッツェルをいただきました。ディップは、細かく刻まれたサーモンが入ったチーズ。



FullSizeRender
アラカルトで色々頼みました。



FullSizeRender
アイスランドは、やはりサーモンが美味しいです。どこへ行っても、サーモンは必ずあるし、サーモンを頼んでおけば間違いはないので、サーモン好きな方には天国です。



FullSizeRender
こちらは、外はサックサク、中はプッリプリのタイガープラウン。 ソースは付けなくとも美味しかったです。 そう、ソースなのですが!アイスランドでいただいたお料理は、素材は美味しいのですが、私にとっては、ソースが少し重たい…塩っけが強く、脂っぽい…と感じることが多かったです。(私は薄味を好むので、余計にそう感じたのかもしれません。)



FullSizeRender
FullSizeRender
例えばこんな感じ。上のお料理はホタテのカルパッチョ、下のお料理はカリフラワーのフライ。 せっかく素材が良いものなのに、ソースのお味が濃すぎて、ちょっともったいないなぁと思いました。



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
メインは、鴨とタラにしました。お写真ですと伝わらないかもしれませんが、これがかなりのボリュームです。お隣のお席のグループは、皆さん、それぞれメインのみをお願いしていたので、一人メイン一品で十分お腹がいっぱいになると思います。

「アイスランドのお料理は、全体的に塩気が強い?」(←やはり寒い国だからでしょうか)ということを初日は分からずにいましたが、次のレストランからは、なるべく、ソースを別添えでお願いしたり、事前にどんなソースか伺い、できる限りライトなものをお願いして対策をしていました。

素材そのものはとても美味しいです。食材でいえば、サーモンの他に、タラ、鱒、ラム。これらは、どのレストランでも見かけましたが、外れなく美味しかったです^^ アイスランドでは、クジラやトナカイ、パフィンやサメなど、普段はなかなか口にしない貴重な食材もいただけるのですが、結局、サーモンやラムが美味しいので、そちらばかりをいただいていました。



インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************