2018年6月 THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS 賢島 に行ってきました。

前回→日本一小さな絶景タラソスパ ザ・ひらまつ賢島

スパも温泉も客室もどれも素晴らしいのですが、レストラン出身である’’ひらまつ’’のホテルの目玉といえば、やはりお食事ではないでしょうか。

8d546e72
ダイニングは、レセプションの奥にあり、お時間にレセプションに向かうと、そこからスタッフがアテンドしてくださいます。扉を開けてから、さらに長い廊下が続きます。そのアプローチがまた素敵で、都内にある高級フレンチレストランのよう…期待感が高まります。



DSC_0204
ひらまつ熱海、ひらまつ箱根仙石原(まだブログに書いていないので、また改めて書きたいと思います!)とは違い、ここ、ひらまつ賢島のダイニングは個室となっています。客室は8室、ダイニングの個室は7室。確か一室は、お部屋でのお食事が可能だったはず。



dce40064
DSC_0208
個室は、ビューやレイアウトも様々。個人的には、温泉宿にきたからには、お食事も個室が嬉しい!静かな空間で、周囲を気にせず、マイペースにのんびりお食事したいです。
ですから、ひらまつ熱海・箱根仙石原のダイニングより、ここ、ひらまつ賢島の方が好みでした!



DSC_0212
英虞湾を一望できるお部屋でいただきました。



DSC_0218
DSC_0210
まずは、ひらまつのシャンパンをいただきます。



DSC_0224
この日のメニューです。鮑、金目鯛、伊賀牛、伊勢海老などなど、三重県は高級食材の宝庫なんですよね。



DSC_0227
DSC_0223
まずは、シャンパンと共にアミューズブーシュをいただきながら、喉を潤します。



DSC_0229
本日いただく食材を見せていただきました。



DSC_0231
まずはじめに、空豆をいただきます。



DSC_0233
殻を開けると、中には、蒸し・焼きバージョン、そして、ニョッキと、全て違う調理法で三粒。



DSC_0242
DSC_0237
黒鮑に赤ウニ。



DSC_0244
バターは、エシレ。パンとバターだけで、十分お酒のお供になる美味しさ(╹◡╹)



DSC_0247
DSC_0253
フォアグラとリゾット。



DSC_0264
DSC_0258
DSC_0269
DSC_0276
美味しいだけでなく、見た目もお美しい。。温泉宿にて、こんなにクオリティ高いお料理がいただけるだなんて。



DSC_0277
デザートと共にいただく飲み物も、これだけのメニューが揃います。



DSC_0280
DSC_0282
最後の最後まで美しいディナーでした。


そうそう、ひらまつ熱海、箱根と同様なのですが…
賢島でも料理長の今村氏が、夕食時にご挨拶に来てくださったのですが、それだけでなく、翌日の出発時も、女将さんと共に料理長自らが見送ってくださるのです。ひらまつならではのおもてなしだと思います。

もっと色々、素敵〜!と思ったことがあったのに、なんせ2年近く前のことですから、記憶が^^;
やはりブログは、リアルタイムで書かなくては駄目ですね。




インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************