先日書いたブログ→新型肺炎 台湾旅行 大丈夫? 思いのほか、多くの方にご覧いただけた!なんて思っていたら、

IMG_0308
なんと、スマートニュースに掲載されていました。こういうのって、事前に報告されないので、リアルタイムで見つけたときはびっくりします。日テレ、デイリースポーツ、スポーツ報知に混ざって、一般人のブログが掲載されるなんて、すごい世の中になったものです^^


ところで、先日は、日本人の友人や仕事関係者の方に「台湾への旅行/出張は大丈夫か?」と聞かれる話をしましたが、逆もまた然りで、台湾人の友人や仕事関係者の方に「日本への旅行/出張は大丈夫か?」と聞かれます。台湾でも日本でも、安全かどうかは分からないし、今回の新型コロナウイルスだけでなく、テロや地震、飛行機事故など、他のリスクもあるわけで、結局のところ行く・行かないは、自己責任になりますので、申し訳ないのですが、私には何ともお答えしようがありません。。。m(_ _)m

ただ、私の感じるところとしては、確かに台湾人からしてみると「日本行きに不安を覚える」のは当然だろうなと思います。。。 2/15 追記 フォーカス台湾より(台北中央社)新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中央感染症指揮センターは14日、衛生福利部が出している感染症渡航情報で、日本に対する渡航アドバイスを「レベル1・注意」に引き上げたと発表した。同センターは報道資料で「日本で感染源が不明なケースが相次ぎ、隠れた市中感染がすでに発生している可能性があるため」と説明している。


台湾は、現時点(2月13日)では、武漢から来た中国人、武漢を訪れた台湾人、旧正月に香港経由でイタリアへ行った台湾人、以外の感染者は見つかっていません。つまり、台湾国内での感染は、まだということになります。 台湾は、SARSで多くの方がお亡くなりになられ、いまだに後遺症に苦しまれていらっしゃる方もいることもあり、国民がトラウマになっているようで、先日も書きましたが(→新型肺炎 台湾旅行 大丈夫?)、病院はもちろん、ビルやホテル、デパートなどなど、ありとあらゆるところで検温と消毒をしていますし、それに加えて、学生の学期開始を延期にしたり、国際イベントやゴルフツアーが中止となったり、政府も国民も冷静かつ神経を尖らせて、必死に対策をしています。



b40c5f8b-s
私は、台湾の旅行雑誌『Asleisure飛鳥旅遊誌』で、Ciel Styleというコラムを連載させていただいているのですが(今年で5年目!)、



IMG_0309
この旅行雑誌の出版社の親会社は、旅行代理店なんですね。特に、日本旅行に特化した旅行代理店ですので、今回は、大きな影響を受けています。
ここに限らず、台湾の旅行業者すべてが、今回の件で、 訪日旅行のキャンセルは相次ぎ、けっこう大変な問題になっています。日本を一番愛する国民である台湾人が、日本旅行に行けなくなってしまって、私としても悲しいです。

今週は、義両親が予約していた歯医者さんに行き、いつものように受付で保険証をお渡しすると、
「あら、〇月〇日に香港乗継していますね。14日間以内は、診察できませんので、来週以降に再予約を入れてください」と言われました。 え、キイテナイヨ(古い)
今は、香港からは乗継でも、14日間在宅検疫が実施されていますが、私たちが台湾に戻った時は、まだこの規定が決定していませんでした。でもこうして、健康保険証の中に、だれがどこへ行ったか、そのデータが入っているだなんて、管理がすごすぎる…   でも確かに、マスクの購入も、健康保険証の提示が必要で、しかも一度購入すると7日間は買えないので、それもこの健康保険証に記録が残るということですものね。



IMG_0317
ちなみに、今週、マスク購入(→台湾のマスク不足 台湾をご旅行される方へ)に並んでいて、あと少しというところで、終了のお知らせでした。4月末まで、政府が管理するそうなので、この状況はまだしばらく続きそうです。



スクリーンショット (42)
話は変わりますが、キャセイパシフィック航空の「ご旅行の制限についてのお知らせ」が、よくまとまっていて見やすいと思います。



インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。