2018年5月 バルト三国旅行記

DSC_0533
バルト三国の中でも、エストニアはIT先進国として有名ですし、ラトビアはリガ出身の友人がいたので、なんとなく知ってはいましたが、リトアニアについては、ほとんど知識がありませんでした。



abd5e899-s
リトアニアに関しては、訪れる前まで首都の名前すら知らず。。。でも、予備知識がなかったおかげでなのか、普段の旅より余計ワクワクして、とても新鮮な旅となりました。



IMG_3493
いつものように、観光には興味がなかったので、街をブラブラしたり、カフェでお茶をしたり。それだけでもすごーく楽しかった!
ラトビアやエストニアとの違いは、緑に溢れていること。そのため、時間の流れがゆっくりしているような。。とてものんびりできました。



IMG_4213
ヴィリニュス旧市街の街並みを一望できるということで、唯一訪れてみたかった、こちらのゲティミナス城は、残念ながら工事中ということで、上ることができず。



DSC_0541
お散歩中に立ち寄った、旧市街の路地にある、蝶ネクタイのお店「dom bow ties」



DSC_0548
地下に降りていくと、たっくさんの蝶ネクタイが。 レンガの壁で作られていて、洞窟みたいです。



DSC_0543
店内の蝶ネクタイは、すべて手作りで、もちろんメイド・イン・リトアニア。



DSC_0542
DSC_0544
DSC_0545
綺麗にディスプレイされていて、とてもかわいいです。



DSC_0546
DSC_0549
素材、柄、色、形、とにかくバリエーションが豊富。



DSC_0547
少ないですが、女性用もありました。男性へのプレゼントを買いに来て、思わず、自分の分まで買ってしまう方も多いのだとか。  そういう自分も‥‥



DSC_0551
親切だったスタッフの方。笑顔がまた爽やか。



DSC_0564
DSC_0569
青が好きなダリンはこちら。



DSC_0567
ついでに私も^^


リトアニアでは(というかバルト三国全体?)、特別な日だけではなくても、普段から蝶ネクタイをつけてオシャレを楽しむ方が多いようで、このお店以外にも、セレクトショップ、お土産屋さん、露店などで、蝶ネクタイを見かけました。

価格は、40ユーロくらいからあり、高くても100ユーロはしませんでした。
とにかくたくさん種類があるので、自分好みのものが見つかるはず。リトアニア土産にも良いと思います^^


インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************