パリ ホテル・ド・クリヨン 滞在記の続きです。
セカンドハネムーン クリヨン・パリ グランドプレミアスイート 
クリヨン・パリでアフタヌーンティー ジャルダン・ディヴェール

普段はほとんど朝食を食べることはないのですが、ラグジュアリーホテルに滞在するときは、やっぱりそのホテルの朝食が気になってしまいます。パンが美味しいパリではなおさらのこと^^


6e0914d1
クリヨンの朝食は、以前はアラカルトと3つのセットのみだったのですが、今回訪れた際は、ビュッフェの提供もありました。以前いただいた際は、2つのタイプの朝食をいただいていたのですが、
ホテル・ド・クリヨンでウェルネスブレックファースト
祝!パラス認定 クリヨン・パリの’’パン尽くしの朝食’’
こちらのウェルネスブレックファーストは、今はルームサービスのみの提供になっていたようでした。
ちなみに、こちらの画像は、以前滞在したときに撮ったもの。奥にあるカウンター部分がビュッフェ台になっています。



DSC_0439
ビュッフェ台はこんな感じ。 丸々一個のフルーツは、希望すれば綺麗にカットして盛り付けしてくださいます。こちらに揃っているものは、コールドミールのみで、卵料理などの温かいお料理をいただきたい場合は、アラカルトかもしくは、ビュッフェ+ホットミールの「アメリカンブレックファースト」の選択になります。



DSC_0515
ビュッフェのみの場合は上記、ビュッフェ+温かいお料理の場合は下記。



DSC_0516
温かいお料理は、こちらから選びます。私たちは、エッグベネディクトとホワイトオムレツをお願いしました。 「フレンチトーストも一緒にいかがですか?すごーくお勧め!」と言っていただいたので、もしかしたら、リゾートホテルのように、1品だけではなく、オーダーできるのかもしれません。
私の場合は、’’フレンチトーストを食べるスペースがあるのなら、シンプルなハード系パンにバターを盛って食べたい!’’ので、お断りしてしまいましたが、今でも、ダリンは「クリヨン、これだけパンが美味しいんだから、彼がお勧めといったあのフレンチトーストも絶対美味しいよね。あーー、食べおけばよかった。それだけが心残りだ」と言っているので(また行く理由ができたので嬉しいですけど)、今後ご滞在される方は、ぜひ召し上がってみてください^^ 



DSC_0436
DSC_0435
ビュッフェ台に揃うパンが輝いているーーー!自分で取るまでもなく、スタッフの方が見繕って持ってきてくださいます。 さくっさくのクロワッサンやペストリーはもちろんですが、ハード系も充実しています。



DSC_0437
パウンドケーキも美味しそう。 朝からがっつりスイーツを召し上がっているおひとり様のジェントルマンのお姿もあり、さすがおフランス、パリ!



DSC_0438
DSC_0441
DSC_0442
フルーツ、サラダ、サーモン、ヨーグルト、グラノーラ、チーズなど。種類は多くはないですが、一つ一つのクオリティが高いのが伝わってきます。



DSC_0452
あまりゆっくりしている時間がなかったので、ホットミールもすぐに用意していただきました。全部揃うと、いっぱいいっぱいのテーブルなのですが、これがまたパリのブラッスリーらしくていい。…なんてクリヨンは、何でも絵になる。



DSC_0457
フレッシュジュースは、搾りたてグリーンジュースにしました。無くなりそうになると、お代わりいかがですか?と聞いてくださいます。ビュッフェ式の朝食といえども、一つ一つのサービスはとても丁寧で、気が利きます。



DSC_0460
DSC_0455
エッグベネディクトは、マフィンに乗っているわけではなく、肉厚サーモンがパン代わりになっていて、ボリュームがすごい。



DSC_0451
朝からディナーを食べたような満足感。 そういえば、ライティングも少し暗めなので、朝からデートっぽい雰囲気を感じられるかも。



DSC_0518
DSC_0519
ランチの予定が入っていた日は、ラテとパンでさくっと。 ささっと10分で切り上げるはずが、パンが美味しくて、やっぱり軽く、、というわけにはいかないんですよね。


クリヨンといえば… 今を時めくRosewoodグループですが、先日オープンしたRosewood香港も素晴らしいみたいですね。私が、香港一好きなあの夜景スポットの隣というロケーションなので、もう立地からしてズルい。。。絶対にすごいホテルに決まっている。
そろそろ旅を再開したくなってきました!


インスタグラム
*******************


☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************