2019年1月 パリ滞在記 

パリまでは、キャセイパシフィックを利用しました。エバー航空で直行便でもよかったのですが(CIという選択はないらしい。私は、CIでも全然いいんですけどね。もともと台北発着の場合は、CIメインでしたし。)、フライトの日程を決めたのが割と遅く、旧正月前後ということでかなり高額になっていました。
でも昨年数回利用しただけで、CXのサービスの良さを感じていたので、結果、乗継でもCXを選択してよかったと思います。

FullSizeRender
今回の出国は、昨年に続き、VIPターミナルを利用しました。ダリンに感謝^_^
詳細はこちらに書いていますが、→台湾桃園空港VIPターミナル プレミアム通関サービス
ターミナルに到着してから、搭乗まで、並ぶ必要もなければ、自分では何もする必要がなく、楽に出国でき、とても便利なサービスです。
今回も6名のスタッフの方にお出迎えいただき、中に入ると、、ここからは前回と違い、セキュリティーチェックがあり、すぐに出国審査がありました。
話を伺うと、このVIPターミナルは、入国の際も利用できるのですが、この時間たまたま入国の方がいらっしゃり、前回と違う場所で出国審査が行われたとのこと。どうやらその時により変わるようです。



IMG_0255
個室のテーブルは、作業しづらいので、ラウンジの方にご案内いただきました。
お席に着くとすぐに、ウェルカムフルーツと、黒糖生姜茶が運ばれてきます。今回はそのほかに、旧正月ということ(適当に言ってみました。たぶん?)で、パイナップルケーキも。



FullSizeRender
メニューはこんな感じ。



IMG_0249
今回は夜でしたので、シャンパンをお願いしました。   



FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
お食事はオーダー制です。台湾料理が多いですよね。ノーマルメニューに、すでに日本語が書かれていますので、日本人の利用者はとても多いのですね。でもブログではヒットしません。。
あの、Yamanakaさんもご存知なかったそうですから(つい先日、ご利用され、とても良かったとのことで、FBにアップされていました。Yamanakaさんお墨付きです笑)、これは知ったらご利用されたい方は多そうですね!



IMG_0259
DSC_0223 (2)
台湾料理の中で、オススメは、タロイモとスペアリブのビーフンスープ。これ、メニューの中にあっても、名前からして、私なら完全スルーするだろうなと思います。ダリンが美味しいというのでお願いすると、ホント。。!今まであまり食べたことのないお味で、まず日本では食べられないであろう組み合わせなので、新鮮でした。(スープもありますが、スープだけの場合、かなり塩気が強く感じました。お湯いただいて薄めましたが、、ビーフンと混ざることにより、より美味しくなるのだなぁと。

あとは、一番目にある台湾では定番の牛肉麺。三種類のお肉が入ってい流ので少し珍しいかな。




IMG_0256
旧正月なので、それらしいお菓子。台湾ヌガーや、牛タン煎餅など。




IMG_0258
ハーゲンダッツ。台湾限定品もあります。





IMG_0260
ボーディングがスタートすると同時に、ゲートまでミニカーで移動します。




IMG_0263
これが少し恥ずかしいかなと思いますが、誰も見ていませんので大丈夫(╹◡╹) 

チェックインからボーディングまで自分でする作業は一切なし。ラウンジで座ってゆっくりしてるだけで良いので、かなりの時間短縮になります。

次回こそは、早めに行ってジムやスパも利用してみたいです。



インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************