2018年4月グアム旅行記 
前回→嬉しいアイスのワゴンサービス!グアムのユナイテッド航空ラウンジ

往路に続き、復路便の機内食です。

DSC_0706 (2)
往路・復路ともに満席でした。以前のグアム便も満席だったんですよね。 グアムまでは約3時間半と短距離フライトですが、二泊三日などの割と弾丸で旅される方が多いためか、疲れが残らぬよう、ビジネスクラスを利用される方が多いのかもしれません。パッケージツアーなどでも、「あと+数万円で、ビジネスにアップグレード。」なんていうのを目にすることもありますし。



FullSizeRender
ウエルカムドリンクは、冷え冷えの泡です。
短距離路線なので、アメニティポーチはありませんが、アイマスクや歯磨きセットなどはこの段階でCAさんが持ってきてくださいます。



DSC_1143
アペリティフ。スパークリングワインをお願いしたら、小ボトルでの提供でした^^



DSC_1147
何度も書いている気がしますが、ユナイテッドのこのゴルフボールっぽい食器や、ソルト&ペッパー(復路便にはありませんでしたが、このこと)容器が可愛いので、機内販売してくれないかなー。(*いつもゴルフボールみたいと書いていますが、Travel Watchによると、ユナイテッド航空のロゴマークにあるグローバルの模様をモチーフに、エンボス加工のデザインが施されているそうで、ゴルフボールではないらしい^^;)



DSC_1150
メインは2種類の選択で、私は白身魚のマヒをチョイス。 お食事も途中のまま、ウトウトしてしまったので、その後はすぐに椅子をフルフラットにして熟睡。



DSC_1091 (2)
二年半前までは、もう訪れることはないだろうと思っていたグアム。でも、デュシタニの高層階ラウンジから眺めるグアムの海に魅了されて、やっぱりこの高層階から眺める海の美しさはよか!と再確認。



DSC_1017 (2)
以前から書いていますが、グアムは、日本から近い海外の中では、立地的な魅力はたくさんあると思うんです。成田から3時間半のフライト+空港から10分でホテルにアクセスできますし、時差もほぼ無し(それがグアムが一時間先と言うのも、有難いかなと。台湾の場合、日本より一時間後になりますので、これがけっこうくせ者。仕事や事務的な連絡が、例えば5時過ぎに気づいたときには「あ、もう日本時間は6時過ぎているからお返事ないよなー」「あ、電話受付が6時までだった」ということがけっこうあります。その場合、回答がどうしても翌日になってしまって。 でもグアムの場合、日本より早いので、気づいたときには、日本マイナス一時間で、間に合うことが多く、ラッキー!と思います)。
ハワイのように、極端な時差+中距離時間のフライトですと、おじいちゃんおばあちゃんや、赤ちゃん連れの方には、ハードルが高かったりします。

今回、ユナイテッドの成田11時発、帰国はグアム17時発便を利用したのですが、2泊3日の短い期間でも、けっこうゆったりでき、週末リトリートには最適でした。最終ですと、成田夜の9時発もあるので、金曜夜成田発、土曜早朝着、日曜最終17時グアム発でもけっこう楽しめるのでは、と思いました。

グアムは、ダイビングの資格を取った思い出の地でもあるんです。最近は、日光湿疹が出てしまって、ダイビングさえも避けるようになってしまったのですが、来年行くときは、久々にグアムの海を潜りたいです。


ユナイテッド搭乗記一覧
ユナイテッド・ポラリスの新シートに乗った率直な感想
これは快適 ユナイテッド・ポラリスの新シート&設備 
ユナイテッド・ポラリス 香港ーサンフランシスコ 機内食
ユナイテッド・ポラリス サンフランシスコ―香港 機内食
ユナイテッド・ポラリスの新サービスはすごかった
ユナイテッド・ポラリス 成田ーヒューストン
ユナイテッド・ポラリス ヒューストンーブエノスアイレス
ユナイテッド・ポラリス サンティアゴーヒューストン
ユナイテッド・ポラリス ヒューストンー成田
ユナイテッド・ポラリスのアメニティ
ユナイテッド ビジネスファースト 台北ーサンフランシスコ
ユナイテッド ビジネスファースト サンフランシスコー台北
ユナイテッド ビジネスファースト限定アメニティ オリンピックバージョン
ユナイテッド ビジネスファースト 成田―ニューヨーク
ユナイテッド ビジネスファースト   ニューヨークー成田
ユナイテッド ビジネスファーストのアメニティはレアなカウシェッド
ユナイテッド ビジネスファースト 機内設備&シート
ユナイテッド ビジネスクラス 成田―グアム
ユナイテッド ビジネスクラス グアムー成田



インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************