先日、青山の「ビストロ ブノワ」で開催されたプレスディナーにお招きいただきました。今回は、オンラインサロンのメンバーさんであるN to Kさんにこちらのイベントにご出席いただきました。その時の様子を、レポートしていただきましたのでご紹介いたします。  

**************************** ******
Text& Photo by N to K 

表参道/青山のラ・ポルト青山にお店を構えるビストロブノワ(Benoit)。アラン・デュカスがプロデュースしているミシュラン一つ星のお店ですね。 そちらの料理長が今年に入り交代なさるということで、お披露目のプレスディナーが開催されました。 Cielさんの名代として馳せ参じる機会をいただけましたので 内容のご報告です。

1
ラ・ポルト青山は、なかなか素敵なレストランが集合しているビルですが、一階にはピエールエルメも入っていて 糖質制限時には前を歩くのがつらい感じです。



2
店内の全景をお見せしたいのですが、所狭しとゲストの方がいらっしゃるので泣く泣く割愛・・・ ここはダイニングエリアに上がってすぐの吹き抜け前です。 パワポでブノワの歴史のご紹介。




3
テーブルセッティングはこちら。 このお店はもともとブルーを基調とした内装だったのですが、今年の初めに改装に着手なさって、パリをイメージした赤を基調としたインテリアに移行中とのことです。



4
今宵は4ディッシュディナーで、ワインがペアリングで振舞われました。



5
シャンパンはマムです。 この巨大な瓶は6リットルとおっしゃっていたような・・・



6
こちらビストロブノワの運営主体である 株式会社OGIブノワの代表取締役社長の茂庭唯裕氏。 温故知新をテーマにお話しなさっていて、ビストロブノワを東京に構え続けることを通して アラン・デュカスのDNAや、広くは食文化を継承していきたい、とのこと。 その他にも沢山の方がご挨拶されていました。



7
ブノワさんいろいろイベント企画されてるんですね。 日曜ディナーは8,000円以上のボトルワインが半額と・・・行くしかない。




8
こちら、今宵の主役のセバスチャン・ルソー氏。 2011年からこの春まで料理長をお務めの野口貴宏氏のご後任です。




9
フルに日本語でご挨拶。 2014年からビストロブノワでスーシェフを務めてらしたそうなので日本語もお上手でした。 前任者の方からの引継ぎ期間が完了すると、 お料理にご自分のカラーを次第にお出しになっていくのではないでしょうか。




10
ダイニング・マネージャーの北平さん。 深い知識に裏打ちされたマシンガントークを操る方で、 先日ディナーに伺ったときにかなり印象深かった方です。 やっぱり当意即妙にお答えいただけるフロアスタッフの方の存在って レストラン選択の際のポイントになるよね、と北平さんを見て思います。




11
お料理一皿目。 「タスマニア産サーモンのマリネ」 このお店は何度か来てるのですが経験上、魚介類の素材の質が高くて美味しいと思います。




12
白の登場。 「ドメーヌ・ド・ベリヴィエール ジャニエール・レ・ロジエール」 いい意味で邪魔をしない平均点、という印象。



13
二皿目。 「オマールエビのサラダ パリジェンヌ風」 海老もさることながら野菜の味付けもお上手でした。 バランスよい一品。




14
赤はこちら。 「レ・ヴァン・ド・ヴィエンヌ エリュイカム」 これ、香りと旨味がそれぞれに粒立っていて非常に好みでした。 後日速攻で購入しました・・・



15
メイン到来。 「スペイン乳飲み仔豚のロース じゃがいものフォンダン」 一瞬ラムにも見えますが肉質良好のポークです。



16
デザート。 「ショコラとキャラメルのブノワ風と牛乳のアイスクリーム」 2018年3月26日にオープンのル・ショコラ・アラン・デュカス東京工房のチョコレートをいち早く使ったショコラ。 ショコラも美味しいですがこのアイスもかなりコッテリで大満足の品でした。 このアイスはまた食べに来たい感じ。



17
お土産でマカロンとフィナンシェ。 東京の表参道という激戦区でこのクラスのレストランを維持していくことって 容易ではないんでしょうけれど だからこその使命感や矜持がしのばれて、こちらも背筋が伸びる想いでした。

ゲストの中にはメディア関係の方の他にも インフルエンサーを自認なさる方もちらほらいらして、まあ華やかでしたね。 貴重な体験をさせていただきました。 改めてありがとうございました。

************************************

N to Kさん、ありがとうございました!
そういえば、男性にレポートしていただくのは初めてでした。N to Kさんは、コンラッド大阪のオープン日に宿泊されたり、パークハイアット・バンコクのオープン月に宿泊されたり(まだ私はどちらも行っていないので羨ましい)訪れたいホテルがあったらすぐに行ってしまうというフットワーク軽い、ホテル好きであり、美食家の方です^^ 

さて、100年以上、パリっ子のグルマン魂に応えつづけるビストロ『ブノワ』の日本のお店「ビストロ ブノワ」が、この春よりエグゼクティブシェフに就任した セバスチャン・ルソーとともに、新たなスタートを切りました! この一部リニューアルにより、店内は一層パリ本店の装いに近くなったそうです。 N to K さんも書かれていましたように、ブノワでは、様々なイベントが開催されています。
今年も、フランス地方の味を紹介する人気企画 「ジェーム・ラ・フランス」、パリ『ブノワ』で人気の料理を期間限定でメニューインする「クラシック・ド・ブノワ」の復活など、多彩なお料理やデザートが提供されるイベントや、 毎月あるいは毎週、ワインをお得に楽しめる日もあるとのこと。私も以前→ブノワ10周年企画「ジェーム・ラ・フランス」特別ディナー に参加しました。

*************************************
<年間プログラム>
■『ジェーム・ラ・フランス』   フランスの地方をテーマに、その地に伝わる料理、食材、ワイン、チーズ、デザート をトータルで味わえるコースを 1 ケ月間提供。 【開催予定】 5 月:プロヴァンス / 8 月:バスク / 11 月:ブルターニュ

■『クラシック・ド・ブノワ』  パリの『ブノワ』で人気の料理を、期間限定で提供。本場の味わいを東京で。 【開催予定】 4 月 / 7 月 / 10 月 / 12 月

■ワインサービス
Monthly>> ワインの日 毎月 20日はワイン(Vin:ヴァン)の日。すべてのボトルワインを 30%オフで提供します。
Weekly>> 日曜ディナー 毎週日曜の夜は 8,000 円以上のボトルワインが半額になります。

その他、直近のスポットイベントなどは、HPをご確認ください!
****************************

ボトルワイン半額に思わず目が・・・^^ ブノワは、パリのビストロの雰囲気を味わえ、しかも美味しくコスパ高いので、私も大好きです。リニューアル後のブノワにも早く伺いたいと思います。

そうそう、今回のイベントでは、デザートに、2018年3月26日(あ、今日ですね)に日本橋にオープンのル・ショコラ・アラン・デュカスのチョコレートをいち早く使ったショコラが登場したそうですが、「ル・ショコラ・アラン・デュカス」の方も後日、メンバーさんにレポートをしていただく予定です^^ 


ビストロ ブロワ


インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

*******************