台湾には、世界的なラグジュアリーホテルがあまりありません。が、いくつか「おっ」というホテルはありまして、そのうちの一つが、日月潭(リーユエタン)にある「ザ・ラルー」。かなり老舗のホテルですから、ご存知の方も多いと思います。台湾に行くならこのホテルに泊まりたい!という方もいらっしゃり、台湾三大観光地の中であるリーユエタンの中でも、「一度は泊まってみたいホテル」と言われています。蒋介石の夏の避暑地としても知られ、その敷地内に建つホテルです。

ラグジュアリーホテルといえども、ここは台湾の田舎ですから、金額的には東京の有名ホテルよりもリーズナブルなんです。かつ、リゾート感溢れる場所ですから、これは絶対訪れたい!となると思うんですが、ただ問題が一つ。アクセスが良くなかった。 そう、過去形なので、今現在は、アクセスはとてもよくなり(高速ができたとかそういう理由だったと思います)、台北からですと、新幹線で台中駅まで約1時間、そして台中駅から車で50分とかなり近くなりました。

台湾に居るときは、仕事に集中したいので、基本的にあまり外出したくないのですが、アクセスが良くなったのだったら行こう、と思いまして、お誕生に滞在してきました^^

InkedIMGP3714 (2)_LI
台北駅ー台中までは、新幹線で1時間。ビジネス(→ )に乗るまでもないと、普通席を予約する場合は、外国人は20%割引になります。→台北駅発20%割引!!】台湾新幹線割引切符(台湾高速鉄道)※外国人限定 
私もつい先日知ったのですが、台湾新幹線の全ての路線で利用できるので、かなりお得だと思います。



IMGP3388
台湾ブログでも書きましたが(→自撮り)、ホテルに車の手配をお願いしましたら、普通にタクシーがきました^^; 台中駅→ザ・ラルーまで1800元です。



IMGP3576 (2)
ホテルエントランス。車のセキュリティーチェックも厳しいです。



IMGP3578 (2)
シーサー??なのかな。左が男性、右が女性だそうです。



IMGP3580 (2)
チェックインはこちらのラウンジで。ここは宿泊者専用スペースで、



IMGP3581 (2)
奥にはバーカウンターもあります。



IMGP3393 (2)
まずはウエルカムドリンクをいただきます。少し甘酸っぱいレモンティーに、アーモンド。
リンゴとバナナは終日置いてあり、自由にいただけるようになっています。 



IMGP3436 (2)
奥にはテラス席もあります。



IMGP3438 (2)
このホテルは、台湾最大の湖であるリーユエタンを一望できる高台に建てられているので、ビューは文句なしの美しさ。



IMGP3582 (2)
テラスを抜けると、こんな形で、絶景を見渡せるスペースになっています。ここも宿泊者専用スペースなはず。



IMGP3433 (2)
エントランスに戻り、ギフトショップ、スパ、私が滞在する宿泊棟の方へ向かいます。



IMGP3441 (2)
途中にあるインフィニティプール、ではなく、池?  ここが、ザ・ラルーを象徴する場所、かな。



IMGP3402 (2)
デザイナーはケリー・ヒル氏。というわけで、やはりアマンっぽい。



IMGP3569 (2)
この通路は、宿泊者以外も訪れることができるようで、ちょっと観光地化されていました。大型バスでやってきた団体さんたちもいました。(レストランでランチを利用されている方たちだと思いますが)



IMGP3572 (2)
青空が広がっているときはもちろん美しいのですが、曇っているときも、雨が降っている時もそれはそれは素晴らしくて。



IMGP3652 (2)
霧がかっているときが、神秘的で一番よかったかも。 お写真でみると、そうでもないんですけどね。でも実際にその場にいたら、感激する美しさです。



IMGP3708 (2)
時間帯によって景色が全く異なるので、通るたびにシャッターを押してしまいました。



IMGP3575 (2)
IMGP3523 (2)
しっとり、、、、、華やかではないビューの方が落ち着くんですよね。



IMGP3573 (2)
この絶景スポットの後ろにある茶芸館。



IMGP3417 (2)
宿泊ゲストは、チェックインの際、招待券をいただけます。宿泊外も利用できるそうで、確か一人300元だったかな。



IMGP3411 (2)
好きなお茶を淹れてくださいます。



IMGP3412 (2)
日本語が堪能なスタッフの方でした。 そうそう、この他にも2人くらい、日本語が流暢なスタッフの方がいらっしゃり、日本人にはその方たちが対応してくださるようです。



IMGP3421 (2)
2種類いただきました。 リーユエタンがある南投産の台湾茶と紅茶です。



IMGP3423 (2)
丁寧に淹れてくださったお茶と竹炭のピーナッツ豆。

お茶をいただいていると、お部屋の用意ができたとのこと。早速、お部屋に向かいます。

ブログのプロフィール 連載一覧

インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.14'' 
すべてがゴージャス! 王族気分を味わえる絢爛豪華なモロッコのホテル

*******************