2017年7月 パリ滞在記  前回→

に続きまして、その2。オープン日の翌日、スイートルームへアップグレードしていただけることに。担当してくださっているホテルマンの方によれば、空いていたら、、、というお話だったのですが、やはりオープン後数日はお客様が殺到されたようで、お部屋が変わることはないだろうなと思っていました。

IMGP7919
すぐにバトラーの手配もしてくださり、お部屋に2名のバトラーの方が来てくださりました。荷造りをお手伝い、、、レベルではなく、さささっと私のスーツケースにまとめてくださり、さらにハンガーにかけていたお洋服をそのまま移動してくださり、私は自分の荷物を持って移動するのみ。あっという間の瞬間移動で、漫画のようでした。
これまで、バトラーサービス付きのホテルにも、お部屋にも滞在したことはありますが、荷造りのお手伝いをお願いすることってなかったのです。自ら進んでお願いする、というのは気が引けるけれど、でも、ホテル側から、積極的に「是非!」のように言っていただけると、「それでは、お願いしてみようかしら」となりますよね。女性にしては荷物が極端に少ないし、普段からパッキングは慣れているつもりだけれど、でも超!めんどくさいのは確かです。。なので、これはとても有難かったですね。



IMGP7921
お部屋は、グランド プレミアスイート。入ってすぐにミニバーがあります。



IMGP7950
ミニバーの内容は、プレミアルームと変わらなかったかな?



IMGP7952
あ、嘘です。このティーカップは、プレミアルームにはなかったです。 マグカップで珈琲を飲むのは、ちょっと色気がないなぁなんて思っていたので、ティーカップがあって嬉しいです。(最近珈琲も良く飲む) その他、ミニバーの内容は、プレミアルームの方に掲載しているのでそちらの滞在記をご覧いただけたら^^



IMGP7923
基本的には、プレミアルームと同じく、シンプル/エレガントなのですが、プレミアルームより少し多くカラーが取り入れられていて明るい感じでしょうか。



IMGP7924
IMGP7926
IMGP7929
個人的な意見ですが、先日滞在したリッツとは真逆のような感じ。あちらは、私にとっては超現実離れしているので^^; だから一度は宿泊したいし、お部屋をみてとっても感激するのだけれど、でも常宿にしたいか?と言われるとう~ん。。と思う、かな。(いや、出来る出来ない別の話ですよ)  上手く言えないけれど、和めない感じ。それに比べて、クリヨンは、なんとなく自分のおうちにいる感じ。ス~っとなじめると言いますか。優しくて安らぐ感じがします。なので、またここに戻ってきたいと思うのは、クリヨンかなと。

でも男性が、特に付き合っている段階のラブラブな彼女と旅行をされるのであれば、リッツは「きゃ~、わ~」みたいな分かりやすく女性心をくるぐる「す・て・き」が詰まっているので、一度はリッツに滞在するのは、やっぱり嬉しいのかなと思います。→



IMGP7946
ウエルカムワイン&フルーツ。スイート以上だとデフォルトで用意されているのかどうかは謎。



IMGP7947
ミニバーの他にセッティングされているバーコーナー。



IMGP7930
続いて、ベッドルーム。リビングとベッドルームは完全に分けられています。



IMGP7932
IMGP7933
ご覧の通り、お布団のふかふか感がたまりません。お部屋の大きさは72㎡。ちょうどプレミアルームの2倍くらいです。



IMGP7965
キャラメル&ヌガー。ホントにこういうちょっとしたお菓子、何気に嬉しい。



IMGP7936
バスルーム。ダブルシンクです。



IMGP7937
清潔感があって綺麗。



IMGP7938
バスタブの向かいがシャワールームとお手洗い。



IMGP7945
開けゴマ! シャワールームが腰かけられるようになっているのも◎。



IMGP7939
アメニティなどは、以前書いているので飛ばします。 バスソルトなどはまだ用意がなかったのですが、お葉書や紙バッグ同様、きっとこれから徐々に用意されていくのではないでしょうか。



IMGP7969
スリッパ。ふかふかでした。

また戻りたい、居心地の良いお部屋でした。


インスタグラム
*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.13'' → スイスアルプスの大自然に囲まれたスパで極上のリラクセーション

*******************