2017年6月 ベトナム「アマノイ」滞在記 前回→

今日は、アマノイでいただいたディナーについて。初日は、ルームサービス(→こんな感じでした)を、他の日は、ダイニングでいただきました。

ダイニングは、朝食をいただいたセントラルパビリオンにあるメインレストランと、ランチをいただいたビーチクラブの2つ。 でも、これらはあくまでも「基本」のレストランであり、例えば「二人っきりで海辺でお食事したい」とか「お部屋のプール沿いでディナーしたい」とか、とにかくどこででも「レストラン」になるようセッティングしていただけるとのことです。

IMGP6173
メインレストランは、完全に冷房が効いたこじんまりとした室内と、このようなオープンスペースにあるテーブル席と、テラス席の3つに分かれています。



IMGP6175
IMGP6180
アマノイは他のアマンに比べてお子様連れや団体客の方々が多かった気がします。テーブルのセッティングもグループ用が多いですね。



IMGP6188
私はクーラーの利いた涼しいこちらの室内でいただきました。 



IMGP6186
階段を降りるとライブラリーがあります。



IMGP6183
確かこちらでアフタヌーンティーも提供されていたような。私はイマージョン中ですので、行きませんでしたが、アマンのアフタヌーンティーのスイーツたちは、無料でいただけるとはいえ、素朴で美味しいので、アマノイでもいただいてみたかった。



IMGP6189
私専用のディナーメニューはこちら。この時もスタッフの方は、私の顔をみるなり、すぐにこちらの専用メニューを渡してくださいました。初めて会うスタッフなのに、なぜわかる?いつも疑問です。



IMGP6190
ディナーは、ベトナム、ウエスタンと両方用意されています。ミックスしても全然OK!そしてこの中から好きなものを好きなだけ選んでOK。ウエイト管理のイマージョンプログラムですが、ゆる~く行いたいという私のリクエストを全て通してくださっています。でも、ストイックなプログラムでも、どちらかと言えば、お食事を我慢するというよりは、運動をしっかりする+ハーブやお水や漢方の力を借りてデトックス&代謝を促すといった形で組んでいただけるので、食事制限はあまり厳しくないように思います。もちろん、とことん厳しくしたい!という方にはそのように組んでいただくことも可能ですが、やっぱり食べることは何よりも楽しみなので、、、そこをある程度楽しみながら減量できるのが魅力的だと思います。



IMGP6190
IMGP6191
野菜料理もありますし、ビーフやラムのがっつりステーキもあります。



IMGP6212
お肉、お魚、お野菜とバランスよく頼みました。



IMGP6204
ビーフカルパッチョ。



IMGP6203
イカのグリルのマリネ。レモンドレッシングとバジルソースが絶妙にマッチしていて美味しかったです。



IMGP6202
大好物のナス。スモークされていて、香りもとても良いです。ベトナム風かな、ナンプラーもきいているのですが、上品でこれも美味しかったです。



IMGP6205
ハーブも一緒にモリモリと。 毎食、ハーブは別途オーダーしてたくさんいただきました。



IMGP6219
デザートまでいただいてしまった。イマージョン中にいいのか?と思っていたのですが、その日担当してくださったスタッフ曰く「イマージョン中でも本人が食べたければOKです」とのこと。

ん~、誘惑・・・。 そのスタッフはフランス人で、デザートは絶対に食べるべきだ!と^^彼のお勧めは、ティラミス、フォンダンショコラだったんですが、そのお勧めをスルーし、ヘルシーデザートを選びました。

ポーション少な目でとリクエストしたこともあり、量的にこの3品で、少し少ないかな?とも思うのですが、見た目も美しいし、空間はロマンティックだし。。これだけで十分満足でした。
雰囲気って大事だな~。。アルコールがない日々なのに、幸せな食事時間ってあるんだ~とアマノイで初めて実感したのでした。

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.13'' → スイスアルプスの大自然に囲まれたスパで極上のリラクセーション

*******************