2017年2月 マラケシュ旅行記  前回→

またマラケシュに戻ります。 今回滞在したホテルは、ラ・マムーニア。世界7大ホテルの一つとも言われる伝説のホテル。このラ・マムーニアに泊まりたいがためにマラケシュを訪れたわけですが、とはいっても、いざ行くとなりマラケシュについて色々調べ始めると、泊まってみたいホテルが山のように溢れてきて。。。 ←というのは大袈裟です。

オープンしたばかりのマンダリンオリエンタル、鉄板に良いであろうフォーシーズンズ、オトカーコレクションからなぜか今年に入って外れていたパレ・ナマスカールもずっと気になっていたし、もちろんアマンジェナも滞在してみたいホテルでした。そんな中でも、最も気になったホテルは、モロッコの王室が手掛けたというロイヤル・マンスール。王室が造ったホテルってどういうこと・・・? 

幸いにして、ラ・マムーニアのすぐ近くにあるということでビジットしてきました。なんと歩いて3分でした。 マラケシュでは、ラ・マムーニアにずっとこもっていたので、外出したのはこの日くらいです。

IMGP9562
ショッピングセンターの目の前にラクダがいました。可愛かった(●´ω`●)



IMGP9564
看板、お土産にほしい。



IMGP9565
マラケシュの街はシャレオツです。



IMGP9570
こちらがロイヤル・マンスールの門。「入ってこないでね」オーラがすごいんです。でも入ります。  レストランの予約もしていないしNGかな?と思ったら、警備員さんはすんなり入れてくださいました。しっかりドレスアップして伺ったのがよかったのかな。



IMGP9573
しかしここからがけっこう歩きました^^;



IMGP9577
こちらがエントランスです。



IMGP9580
何だか品があって素敵☆



IMGP9581
こちらがロビーです。カラフルなモザイクデザインが可愛くて。ゴージャスなのですが可憐なんです。



IMGP9584
IMGP9585
ラ・マムーニアともまた違ったタイプで、何と表現したらよいのか分かりませんが、静かなる美しさ? ん?よくわからない。。言葉よりお写真で。



IMGP9586
いらっしゃるゲストも品格のある方たちで、遠くから眺めるだけで素敵なオーラがビカビカでした。



IMGP9587
IMGP9588
モザイクデザインってちょっと派手な感じに思うのですが、こちらのは落ち着いていて、控えめで。。



IMGP9592
アートギャラリーがあったり、宝石が展示されていたり。



IMGP9594
バーへ行きたいとお伝えすると案内してくださいました。一見さんにも優しいです。



IMGP9600
IMGP9605
可愛すぎるだろう(●´ω`●)



IMGP9622
こちらがバーです。ここがメインのラウンジバーですが、その近辺にも3つバースペースがあり、色々なブースで、全く違った雰囲気の中楽しめるので、連泊しても飽きなそうです。



IMGP9608
ドリンクメニュー。 訪れるまではモロッコワインが美味しいこと、全く知りませんでした。パンも美味しいですし、
タジンも好みですし、モロッコ最高だ♡



IMGP9610
お勧めというモロッコのロゼで。



IMGP9620
まだ早い時間帯ですから貸切です~!贅沢すぎました。



IMGP9613
天井を見上げるとこんな感じ。



IMGP9615
こんな空間でいただくワイン、美味しくないわけがない。 お味は覚えてないよ( ° ʖ °)



IMGP9617
塩味クッキーがナイスでした。



IMGP9630
美しさだけで言えば、こんなに美しいホテルと出合ったことあったかな?というレベル。



IMGP9637
ロビーは、明るい時間帯と夕方の時間帯と全く違った雰囲気になっていました。



IMGP9639
鳥かご。 ん?香港か?



IMGP9641
意外にも警備はあまり厳しくなくて、完全お上りさんである私をも受け入れてくださる寛大さにも惚れました。 



IMGP9646
帰り道。



IMGP9648
また来るね、と誓って。



IMGP9651
夢の国へ行ったようでした。



IMGP9654
これがモロッコの実力か。半端ないわ(●´ω`●)



IMGP9655
とにかく、スタッフだけではなく警備員さんも優しかったです。

久々に鳥肌が立つような美しいホテルに出合いました。

インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.11''  リッツパリ 贅を尽くしたココ・シャネルの残り香

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語

*******************