2017年3月 パリ滞在記  →ル・ブリストルパリ ファラオン様! との再会

チェックインをし、早速お部屋にご案内いただきます。ロビーの目の前にある、あの素敵なエレベーターを通り過ぎ、3つ星レストランエピキュールを抜け、奥の奥のエレベーターへ。

IMGP0853

エレベーターを降りると、目の前が階段になっています。



IMGP0986
小さなエレベーターは、殺風景で洒落っ気が全くないのですが、秘密の場所に連れて行ってくれるような、、そんな雰囲気でワクワクしました(●´ω`●)



IMGP0852
まずは5階に到着。 私が滞在するお部屋は、この建物の最上階6階です。つまり6階のフロア全てのお部屋、でした。



IMGP0847
この廊下を進むと、また階段があります。



IMGP0970
964、965。元々は2部屋だったのか、あるいは初めからこのような客室ナンバーになっているのかは分かりませんが、このお部屋が、ル・ブリストルパリに9部屋あるシグネチャースイートのジャグジー付きテラススイートです。
まさかのアップグレード・・・!をしていただき、素晴らしいお部屋に滞在することができました。



IMGP0845
テラススイート滞在者のみがアクセスできる階段。 



IMGP0844
どちらのお部屋からでも入れるようになっています。



IMGP0851
どちらの扉を開けたらよいものか。。こんな選択は初めてでした。



IMGP0840
鍵にも964/65の2つのナンバーが記されています。



IMGP0761
滞在したお部屋は、ジャグジー付きテラススイートです。内容についてはHPに掲載されている通りですが(こちら
広さは、テラスを含めず110㎡。ここ、パリですよね・・・?  さらに驚くことは、お部屋だけではなく、テラスの広さ。おそらく、リビングルームと同じ広さがあるのでは?というほど広々としたスペースで、お庭を一望することができました。



IMGP0764 (2)
IMGP0766 (2)
IMGP0768 (2)
まずはリビングルームから。豪華なフランス絵画やエレガントな家具は、伝統の重みと優雅さを感じさせてくれます:) 



IMGP0770
花柄のカーテン、クッションが可愛いです。



IMGP0773
中央にあるデスク。何時間でも座っていれそう!



IMGP0774
IMGP0777
前回滞在したジュニアスイートのお部屋より、ラブリー度は控えめ。より上品で気に入りました。



IMGP0804
お~、灰皿が用意されています。テラスがあるからでしょうか。



IMGP0806
文房具セット。いずれもル・ブリストルパリのロゴ入り。



IMGP0831
ランケーブル、アダプターなど。



IMGP0778
こちらがテラスへ続く扉です。



IMGP0753
ウエルカムスイーツ。   マカデミアナッツがゴロっと入ったフィナンシェは、バターの香りたっぷりで
美味しかったです。



IMGP0757
鉄瓶のティーセット。



IMGP0758
パリ店もあるという、寿月堂のお茶。「寿月堂は、1854年創業の海苔の老舗丸山海苔店が、茶禅の精神を通して日本文化の美しさと茶の心を世界に伝えるために始めたお茶ブランド」だそうです。 パリ店でもお茶の淹れ方教室などが開催されているみたいです。



00000
パリでの楽しみは、パン&チーズ! ホテルのルームサービスも良いですが、デリでお惣菜やパン屋さんで買ってきて、ワインと一緒にお部屋でゆっくり楽しむのも大好きです。



IMGP0723
続いてバスルーム。バスルームはリビングルームとベッドルームに2つありまして、こちらはリビングルーム側のバスルーム。



IMGP0725
2つあるバスルームは、レイアウトも広さも同じでした。



IMGP0726
IMGP0729
清潔感あるバスルーム。明るくて使いやすいです。



IMGP0792
IMGP0793
IMGP0794
ル・ブリストルのカラーであるグリーン。



IMGP0784
このバス枕が、あまりにもフィットしすぎて、お風呂の中で寝そうになりました^^; ふかふかで最高!



IMGP0801
バスアメニティは、前回のラ・プレリーから変更されていました。 イギリスのオーガニックスパブランドのバンフォード。日本にもいつの間にか出店されていたのですね。 系列のキャップエデンロック、シャトーサンマルタンと同じです。 ブランド的には、ラ・プレリーの方が知名度が高いので「おお!」となってしまいますが(いや、私もそうでしたが^^;) このバンフォードの香りが素晴らしいので、今ではバンフォードの方が嬉しかったり💛 アメニティは普段利用したことのないブランドだったり、初めてお目にかかるものもあったりするので、いつも楽しみにしています。

シャトー・サンマルタン&スパのお部屋



IMGP0695
続いてベッドルーム。



IMGP0696
IMGP0697
より優しい色合いで癒されます。



IMGP0833
IMGP0698
ベッドは堅めでリネン類もさらっと気持ちいいです。



IMGP0721
ベッドルームからもお庭を見下ろすことができました。



IMGP0703
ドレッサー。鏡に向かわなくともインテリアとして飾ってあるだけでも可愛いです。



IMGP0834
ル・ブリストルパリの写真集。



IMGP0704
2つあるバスルームそれぞれにクローゼットもありますが、この鏡を開けると、



IMGP0706
こちらもクローゼットになっています。1か月、ご滞在される方もいらっしゃるので(ベッカム氏は3か月だったとか)スイートルームは、特にクローゼットが広くて使いやすいというのが重要なのだなって思いました。
ビバリーヒルズホテルのヴィラスイートは、クローゼットではなく、収納部屋でしたし^^;→



IMGP0910
リビングルームで、「ミニバーがないな~」と思っていたらベッドルームにありました。



IMGP0911
ドリンク類。 エビアンのフェイススプレーがあるところがフランスらしいです。



IMGP0912
コーヒーをバカラのグラスで飲んじゃう♡ 素敵すぎる。。



IMGP0914
IMGP0917
ホテル内にギフトショップはないので、ル・ブリストルパリの食べ物としての
お土産はこのミニバーで購入する(言えば、新しいものを購入できます)しかないですね。ただ、ノート、ボールペン、ぬいぐるみなどは、カタログがありそこから購入することができます。



IMGP0839
IMGP0788
IMGP0789
もう何から何まで可愛く思えて、マジックにやられている(●´ω`●)



IMGP0720
こちらが、ベッドルーム近くにある2つ目のバスルーム。ここにも収納があります。  バスルームは一つしか利用しませんでした。 忘れ物をしたら困ると思って、スイートに滞在しても、あまりお部屋を満遍なく利用できないでいます^^;



IMGP0707
IMGP0708
IMGP0709
バスルームは2つともレイアウトも広さも全く同じ! 双子か!



IMGP0712
もちろん、バスアメニティだけではなく、ドライヤーや体重計も2つのバスルームに備わっています。



IMGP0713
お手洗いもしっかり独立してあります。



IMGP0714
シャワーの水圧ももちろん完璧でした。



IMGP0802
これがギフトとして購入できたらいいのに!



IMGP0803
このお写真欲しいな~。。。



IMGP0971
翌日の新聞。日経だったかな。お願いしていないのですが入っていました。



IMGP0867 (2)
お庭からみた、この最上階のテラスが私が滞在したお部屋のテラスです。こうみると、テラスだけでもかなりの広さです。

テラスはまた次回アップします^^


インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.11''  リッツパリ 贅を尽くしたココ・シャネルの残り香

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語

*******************