有名人に疎いので、失礼ながら、藤原ヒロシさんという方のことは存じ上げていませんでしたが、先日、渋谷に誕生するTRUNK HOTELのプレスリリースを拝見して、すっかりファンになってしまいました。 記事はこちらです。→  稀代のトレンドセッターに聞く「渋谷の新しいホテル」の価値  藤原ヒロシ氏が見る"ホテルの未来"

別に面白くしようとしてしているわけでは全くないのでしょうけど、インタビュアーの方と話がかみ合ってなさ過ぎて・・・(●´ω`●) 笑えます。インタビューって聞き手の方に、「~~~ですよね」みたいに言われると、空気を読んで、聞い手が求める答えの方向へ話を進めたり、多少自分の考えと違っていても、流してしまった方が楽だろうな、なんて思うことが多いから。。。カッコいいなぁ。

以下、引用させていただきます。
***********************
- T
藤原さんも海外を飛び回ってらっしゃるので勿論ご存知だと思うのですが、昔は「ラグジュアリー」もしくは「格式高い」というイメージだったと思うんです。それがこの15年ほどで大きくホテルのイメージが変わってきましたよね。そのあたりの変化は感じていらっしゃいますか?

- F
そうですか? あまり大きな変化は感じたことありませんね。

- T
ホテルのトレンドを変えたのは、ポートランドのエースホテルだと言われていますよね。

- F
エースホテルはもちろん知っていますよ。でも、一番苦手なホテルですね。オープン当時に泊まったのですが、「このホテルには二度と泊まりたくない」と思いました。サービスがちょっと、ね。開業直後だったという理由もあるかもしれませんが、ルームサービスもなく、ベッドも冷たい雰囲気で、普通の部屋みたいな感じでしたし、音もうるさかったですね。

- T
地元住民も宿泊客も、分け隔てなくホテルロビーで寛いでいるというオープンな良さもあると思うのですが、いかがでしょう?

- F
そうですね。でも、僕はそういう中に入って皆と和気藹々とするのが苦手なので、一人にして欲しいですね。

- T
「ホテルラウンジ」について私たちなりに考えたとき、敷居が高くて入りにくい。それも良いところでもありますが、私たちはあえてノマドワーカーに開放したり、渋谷のママ会に開放するなど、コミュニケーションが取れる場所にしたいと考えているのです。

- F
人とはあまり出会いたくないタイプなので、僕は苦手ですね(笑)。

*********************************

はい、、、ただでさえ、渋谷は混雑しているイメージが強くて、ゆっくり落ち着ける場所が欲しいのに、ホテルに滞在しているときまで、騒がしいのは。。    宿泊ゲスト以外の方がホテルロビーでワイワイしているのは嫌かな。もちろん、そういったコンセプトのホテルであるのでしょうけど、その割に宿泊料金がお安くはないので(一休でスタンダードルーム(30㎡)45,000円~)。それでしたら、一休で同じ金額のPハイアット、グラハイ、パレスホテル、ペニンシュラの方に行くかな、なんて思ってしまいました。(あと、旬の「プリンスギャラリー東京紀尾井町」とか。ここの客室に備わっているデイベッド、とても良いと思いました。)

とはいっても、30㎡のバルコニーがついているというジュニアスイートは、6名まで入室可のようですし、ゲストのゲストをお招きしてのパーティーや、外国人グループの旅行に、などなど需要はありそうです。何といっても立地が渋谷、原宿、表参道の真ん中ですものね。 オープンしたらそれはそれで気になるんですけども (╹◡╹)


あと、 こちらも。

*********************
T
ホテルなので、「泊まる」「食べる」という部分で、レストラン(TRUNK(KITCHEN))と串焼き(TRUNK(KUSHI))が入っています。レストランでは、特に「食の健康」にフォーカスして、「オーガニック」「一汁三菜」をテーマにしています。バランスの良い食事を出すように考えています。フードコーディネーターとコラボレーションし、これらのメニューを考案しています。

- F
その点で言うと、僕は「身体に良いモノ」には全然興味がありません。コンビニエンスストア(CVS)の食事でも生きていけるし、唐揚げでは某CVSのものが一番おいしいと思っているくらいなので。もちろん、高級レストランの食事もおいしいと思っていますけどね。

- T
藤原さんの食の基準はどこにあるのでしょう?

- F
「おいしいもの」ですね。どちらかというと、体に良い悪いは特に気にしない。化学調味料も好きですし、おいしいのであればどんどん使いたいですね。ニンニクが少し苦手です。30年以上前に肉を食べるのをやめたので、焼肉は食べません。

************************

私も健康的な食べ物は好きですし(体に良いから好き、というよりは元々お野菜だったり、ライ麦パンだったり、玄米などヘルシーなものが好みだったというのがあります)、時々カラダが欲しているな~と思うんですけど、だからといって、毎回オーガニックや粗食的なものだったり、逆に毎回ホテルなどの高級レストランだったり、、というのは無理なんですよね。B級グルメも好きだし、化学調味料バリバリ入ったものも美味しいと思えますし、ジャンクフードも食べますし。

ご縁のない男性 でも書きましたが、B級グルメを食べない男性は魅力的に感じないです。ミシュラン星付きやホテルのレストランだけ、、というのはちょっと能がないなぁと思います。そりゃ、お金を出せば、食材も良く、シェフも素晴らしいわけですから、美味しくて当たり前ですけど、じゃあ、お金を出さなければ、美味しいものが食べられないかと言えばそれは違いますものね。 
藤原さんのように、経済的には毎日高級レストランに行くことも可能な方がおっしゃってくださるのですから、気持ちいいな~と思います。まあ、サッカーの中田英寿さんも野菜を全く食べない上に、スナック菓子を主食にするほどお好きと言いますし、好きなものを食べていくのが一番だ  ^-^  

話がどんどん脱線しましたが、藤原ヒロシさんがプロデュースされるホテルが誕生した際には、是非とも滞在してみたいです。

ところで、また話は変わりますが、’’ファン、渋谷’’繋がりで思い出したこと。
沢尻エリカさんが好きです。昔、渋谷で友人とお茶をしようとカフェに入った際、彼女が座っていたお席の両隣が空いていたんですね。こちらは三名だったのですが、それを見た瞬間に、彼女がお席を移動してくださったのです。座っていてゆっくり飲み物をお召しになっていたのに、さささっと何も言わずにです。しかも、スタッフの方を待つまでもなく、ご自分でグラスを移動されて。。。「ありがとうございます」とお伝えしたら「にこっ」としてくださって。 そのさりげなさにとても好感を持ちました。
そして、お人形さんみたいに可愛かったです^^ それ以来、好きなのです。といって、特にドラマや映画を見たりしていませんが^^; 

もしかしたら彼女は、’’エリカ様’’キャラクターで売っているのかもしれないので、こういうことを書くとよくないのかもしれませんが、さりげない気遣いがとても嬉しくて、いつか書こうと思ったまま、今思い出しました。

IMGP2149 (2)
「わ~!桜の季節に間に合った」   とこの写メを台湾人の友人に送ったら、「それは桜じゃないよ」って言われました。   (@_@)


インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.10''  アルゼンチンワインの故郷の滞在型高級リゾート 

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語

*******************