南米&欧州旅行記がまだ終わっていませんが、バンコクの滞在記も書いていこうと思います。

バンコクまでのフライトは、お久しぶりのエバー航空です。CIの場合、アジア路線は、第一ターミナルを利用することがほとんどですが、BRの場合は、第二ターミナルになるんですね。そういえば、以前利用した際もそうでした。

IMGP1271
セキュリティ、イミグレを通って目の前にあるエスカレーターをあがると、エバー航空のラウンジがあります。



IMGP1270
エバー航空のラウンジは、色々あり、搭乗するクラスだったり、持っているカードによって変わるみたいです。今回は、星組ということで、STARのラウンジに案内していただきました。 →前回利用したGardenはこちら



IMGP1252
カジノの入り口みたい。



IMGP1253
中は、まあ。。



IMGP1268
フードは、チャイナエアラインよりもずっと充実しています。



IMGP1267
ホットドリンクだけではなく、コールドドリンクも種類がとても多くて、何より私が好きな純濃燕麥がありました。



IMGP1254
サラダバー、ホットミール、スープ、お粥、うどん、点心、デザート、ハーゲンダッツ等々。



IMGP1265
こちらがその純濃燕麥のオートミールドリンクです。台湾のコンビニでも売っているのですが、原材料がオートミールとお水だけ。ほんのり甘くてヘルシーで大好き。日本にも気軽に売っている場所があればいいのに。

あと、大根餅とスイートポテト風のマッシュポテト。 そして、右側にあるこの怪しい食べ物。初めて見たときは、びっくりしたんですけども、
台湾を代表する小吃の一つで、肉圓(バーワン)といいます。B級グルメなので、普通のレストランではあまり見かけないのですが、サツマイモの粉もしくは片栗粉などで作った生地で中には肉団子が入っています。ゼリーの中に入った肉まん?みたいな感じ。プルンというよりプニプニ触感。
ホントすごく不思議な食べ物。九份の名物グルメでもあり、千と千尋の神隠しにも出ていたのは、このバーワンだ、、なんていうお話も聞きました。バーワンでも揚げバージョンと蒸しバージョンの二つに分かれているのだとか。 台湾B級グルメの世界も奥が深い。


台北桃園空港ラウンジ訪問記
→ チャイナエアラインラウンジ第2ターミナル 台北発長期路線・日本路線
→ チャイナエアラインラウンジ第1ターミナル 台北発アジア路線
→ ザ・モアプレミアムラウンジ第2ターミナル PP利用可
→ キャセイパシフィック航空ラウンジ第1ターミナル
→ トランスアジア航空ラウンジ第1ターミナル PP利用可
→ エバー航空ラウンジ garden 第2ターミナル
→ エバー航空ラウンジ star 第2ターミナル
→ シンガポール航空ラウンジ第2ターミナル 
→ チャイナエアライン最上位メンバー専用ラウンジ「梅苑」 第2ターミナル 
→ プラザプレミアムラウンジ第1ターミナル PP利用可


インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.10''  アルゼンチンワインの故郷の滞在型高級リゾート 

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語

*******************