2017年2月 マラケシュ旅行記   前回→マラケシュのスパ・ラ・マムーニアでハマム

ラ・マムーニアには、レストランが4つあり、まずは本場のモロッコ料理をいただきに「ル・マロケイン」(Le Marocain)へ。

IMGP9044
レストランは、ホテルとは別の建物で、ホテルの広大な敷地内にある、椰子の木とオリーブの木の茂る一角にひっそりと佇んでいます。



IMGP9052
エントランスからして、素敵な雰囲気が漂っていました。



IMGP9047
ホテル棟を眺めるとこんな感じ。



IMGP9114
アンダルシア音の生演奏。



IMGP9120
こちらはお食事後に撮った1階のお席。リアド(モロッコ様式の豪邸)をコンセプトにした造りになっています。



IMGP9121
1階は半個室のお席。



IMGP9056
私は2階に案内していただきました。



IMGP9058
落ち着いた内装の1階とは変わって、2階は、よりゴージャス感が溢れる空間でした。



IMGP9061
モロッコ産のスパークリングワインはなかったので、ロゼをお願いしてみたのですが、これがフルーティーでさっぱり。飲みやすくて、アペリティフにぴったりでした。



IMGP9064
モロッコのパン。モロッコ料理は、海外で食べたことがありますが、パンの印象はあまりなかったなぁ。



IMGP9066
右:マハラシュというパン。表面は堅くて、中はぼそぼそ。両方ともわりと似たお味と食感でした。左側は、一見、ドーナツに見えますが、味気のないパンです。



IMGP9068
オリーブオイルとアルガンオイル。なんて贅沢なの。  そしてモロッコパンにオイルはよくあいました。



IMGP9070
照明はかなり落とされていて、雰囲気抜群でした。ディナーの最後の方に、目の前のお席にカップルが座られて、終始ラブラブ感で溢れていたのですが、そういうの見るの好きdesu  だから一人でも全然暇じゃないの♡



IMGP9072
お勧めを伺いながら、前菜、メインのアラカルトをお願いしました。



IMGP9076
こちらは、コンプでいただいたハリラスープ。モロッコの断食明けによくいただくという優しい味わいのスープです。



IMGP9075
スープと共にこちらもいただきました。シュッベキーアといって、ドーナツ?クッキー?が凝縮されたようなはちみつ漬けのお菓子です。 最初からデザートが来た感じ^^;    前菜がサーブされると同時に下げられてしまいそうになったので「いや、食べます!」と阻止してみました。



12
前菜は、ロブスターのなんちゃら。 シグネチャーディッシュでもあると伺ってオーダーしてみました。



IMGP9085
メニューをよく見ていなかったので(おい)、サーブされた瞬間、「あちゃ、揚げ物・・・」と驚いたのですが、これがとても美味しかった。



IMGP9087
お野菜たっぷり、ロブスターゴロゴロ。揚げ餃子?の上品版みたいな感じでしょうか。



11
メインは、タジンにしました。



IMGP9101
お野菜ゴロゴロ。甘くてホックホク。



IMGP9093
こちらがホテルオリジナルワイン「ICONE」  このワインがとても美味しかった。翌日もバーでいただきました。



13
デザートはちょっと失敗^^; お勧めは?と伺うと、迷わずこの盛り合わせを進められたのですが、まさか二人前。しかも全て焼き菓子。でも想像よりは、甘さ控えめで、一つ一つはなかなかの美味しさなのですが、食後にこの
デザートは重かったです。お隣のお客様がババロアみたいなものを召し上がっていてそれが美味しそうでした。



IMGP9089
ミントティーはこんな形で淹れてくださいます。朝食で、私も真似して自分でトライしてみましたが、なかなか難しいですね。



IMGP9450 (2)
日中のレストランの雰囲気はこんな感じです。



IMGP9451 (2)
IMGP9454 (2)
サービスももちろん素晴らしくて、また訪れたいレストランです。 

インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.10''  アルゼンチンワインの故郷の滞在型高級リゾート 

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語

*******************