4か月ぶりのバンコク。住んだ場所をのぞくと、一番多く訪れている都市です。最初のころは、様々なホテルに滞在してみましたが、ここ数年コンドミニアムを持っていたこともあり、ホテルも利用しなくなっていました。が、再び、ホテル生活へ。 バンコクは物価がお安い上に、たくさんの素敵なホテルがあるので、ホテル好きにとってはたまらない都市です(●´ω`●)  コスパの高いホテルばかりなので、最近はその発掘をしたいと思っています。前回は、スコータイホテルに滞在しましたが(→スコータイ・エグゼクティブスイート滞在記 前半 後半)、今回は、ずっと気になっていたスクンビットのシェラトングランデ・ラグジュアリーコレクションです。 シェラトンでありながらラグコレ?  いったいどっちなの?世界のスターウッドの中でも稀だと思う貴重なホテルなのではないでしょうか。 ってそんなにスターウッドに詳しくないんですけども。すみません(´・ω・`)      今のところ、バンコクではザ・サイアムが一番好きです。(→ザ・サイアム滞在記はこちらにまとめています。)ホテルおこもりでしたら絶対サイアムがイイ!でも立地が不便ですから、観光中心でしたり、ビジネスでご利用される方には不向きかなと思います。あとお値段もバンコクでは飛び抜けているので、やはり長期滞在にはなかなか(というのは、単に私の思いです)。  の次は、、となりますと鉄板的にマンダリンオリエンタルバンコクになるんですけど(アメブロ時代の一番初めにちょこっと書いています。)、ここも立地が不便かつやはりどうしても古い。(だからイイ!というのもありますが)でもやっぱりここのマンダリンオリエンタルは独特の雰囲気で、他国のマンダリンともまた違って特別だな~と思っています。

で、結局何が書きたかったのか分からなくなりましたが、この2つをのぞけば、そこまで金額に差はないように思うので、ペニンシュラ、シャングリラ、Gハイアット、スコータイ、バンヤンツリー、W、コンラッド、シェラトンラグコレ等々。この辺りを比べることになってくると思います。あ、あと「ソフィテル ソ」もありましたね!ここは次回宿泊してみたいです。 コスパ的によく気に入っているのは著書でもご紹介させていただいたバンヤンツリー(→バンヤンツリー滞在記はこちら)。スパに関しては、セントレジスが気に入っています。(→セントレジスのスパ

というわけで、話は戻りまして、口コミでの評判がかなり良い「シェラトン・グランデ・ラグコレ」へ。

IMGP1287 (2)
「シェラトン・・・?」と聞くと、ん?となりますが(失礼ですね..)、車内に入るなり、ラグコレ感を出してきました。(と書いておいて、ラグコレは、あまり知らないんですけども。) 位置づけとしてはセントレジスと同じということで、やはり通常のシェラトンとは違ったおもてなしを感じます。



IMGP1289 (2)
日本人スタッフの方がいらっしゃいました。ウエルカムギフトをいただいて、お部屋までご案内いただきます。



IMGP1302 (2)
立地抜群のスクンビットにあるので、お部屋からの眺めもイイです。



IMGP1355 (2)
マンゴー・スティッキー・ライス。 初めていただいたときは、お米とフルーツなんて気持ち悪いどういうこと?なんて思ったのですが、、、しかも練乳をお米にかけるなんてトンデモナイと思っていたのですが、食べ始めると癖になると言いますか、時々食べたくなるんですよね。 このトッピングのアラレみたいなものも食感が良いアクセントになって美味しかったです。   ココナッツアイスはココナッツの粒粒感がイイ味だしています。



IMGP1362 (2)
4月のバンコクは、一番暑い時期。でも日陰なら、日中の外でも平気かも。 ん?二時間以上は辛いかも。



IMGP1337 (2)
お部屋に置いてお出かけしたら、戻ってきた時に部屋中が素敵な香りに満たされていました♡

シェラトン・・ですが、ラグコレなので、サービスもやはりよりレベルは高いです。特にバトラーサービスはセントレジスに負けぬ?とも言われているようで、これが好評で日本人にも人気が高いみたいです。というか、本当に口コミがいいんですよね・・・。グランド・デラックスルーム以上のカテゴリーになるのですが、24時間いつでも温かい飲み物やフレッシュオレンジジュース、クッキーなどを持ってきてくださるので、クラブラウンジがなくても不自由しません。あと、日本語ダイヤルがあるのも、いざとなった時にやっぱり心強いかなと思います。

またそのうちゆっくりレポートしたいと思います~

インスタグラム

*******************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

ダイナースクラブ会員誌 「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.10''  アルゼンチンワインの故郷の滞在型高級リゾート 

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語

*******************