先日、リビエラ東京にて行われたニューカレドニア観光局主催の「ロイヤルカグークラブ」メディアレセプションにお招きいただきました。今回は、オンラインサロンのメンバーさんであるMayumiさんにこちらのイベントにご出席いただきました。その時の様子を、Mayumiさんにレポートしていただきましたのでご紹介いたします。   

****************************
Text& Photo by Mayumi

皆様、こんにちは。
ニューカレドニア観光局主催の「ロイヤルカグークラブ」メディアレセプションに参加して来ました。

IMG_1628
場所は池袋にあるリビエラ東京にて。あいにくの雨でしたが、扉を開けるとニューカレドニアのブルーのTシャツを着たスタッフの方々が迎えてくださり、南国の雰囲気で満たされていました。写真上はウエルカムフルーツです。



IMG_1629
ニューカレドニアの景色の写真が至るところに。南半球ですから、あちらはちょうど真夏なんですね。この日は雨で寒かったのですが、会場に入ると真夏のような雰囲気で嬉しかったです。



IMG_1630
こちらはウエルカム・ドリンクです。ニューカレドニアのブルーが使われていてとても綺麗です。



IMG_1631
テーブルにディナーメニューが置いてありました。今回は着席でのディナーでした。



IMG_1636
前菜盛り合わせは和の食材も使われていて、初めて食べる料理に興味深々。



IMG_1637
カボチャスープ。温まりました~~



IMG_1639
サラダは彩りがとてもキレイ。



IMG_1643
ニューカレドニア産、天使の海老がプリップリッでした。海に囲まれているから魚介類が豊富なんですね。



IMG_1658
牛肉の炙り。リビエラ東京さんは披露宴もされていまして、お食事はとても美味しかったです。



IMG_1661
場所を変えてデザートビュッフェが用意されていました。



IMG_1662
たくさんの種類がありました。ニューカレドニアは、フランス領ですからデザートのレベルも高いですね。



IMG_1667
ニューカレドニアはアクティビティがたくさん出来るのも魅力のひとつ。スタンドアップパドルボードは空気を抜いて簡単に持ち運びが出来て、フィンも取り外し可能で荷物が嵩張りません。キャプテンスタッグ株式会社の担当者様が実演とその魅力を語ってくださいました。



IMG_1644
ニューカレドニアの自然がスライドで紹介されました。南部西海岸エリアは牧畜業が盛ん。馬に乗ったカウボーイの写真が写し出されて、ニューカレドニアのイメージが変わりました。



IMG_1648
北部東海岸では様々な奇岩が連なりダイナミックな景色です。カヌーに乗って奇岩の周囲を巡ることも出来ます。



IMG_1652
首都ヌメアからおよそ60キロ離れた南部のグランシュッド。国鳥カグーの繁殖地でもあります。また、ニューカレドニアは「天国にいちばん近い島」でも有名なウベア島、イル・デ・パン島をはじめたくさんの島々が集まっています。世界遺産に登録されたラグーン(サンゴ礁) 中でもバリアリーフの内側のラグーンは24000キロで世界最大だそうです。  海も山も手付かずの自然がたくさん残されています。



IMG_1671
最後に、お土産にマカロンをいただきました。

ニューカレドニアへは2月と4月に旅行に行ったのですが、2月は日本でいう真夏でずっと天気が良かったのですが、4月はどんよりとした薄曇りでした。でも、通常は、一年を通して、さわやかな気候が続く、過ごしやすいところと言われています。首都ヌメアは別名プチ・パリといわれていてフランスを感じる場所でした。

Cielさんが大好きだというバゲットはどこのパン屋さんでも美味しかったですよ♪

朝市(マルシェ)でフルーツを買って朝食にしたり、ショコラティエも豊富で、本当にフランスのようでした。特に忘れられないのがコーヒービーンズをチョコでコーティングしたもの。とても美味しくて、お土産にも大人気でした。

ニューカレドニアの風を感じるレセプションに参加して、また旅をしたい気持ちがムクムクと湧いてきました(笑)
その時は直行便のエアカランを利用したいです。

日本との時差もたった2時間なので、体に負担なく旅を楽しむことが出来るのも魅力だと思います。

拙いレポートですが、皆さんがニューカレドニアへ行ってみたい!と思っていただけたら、こんなに嬉しいことはありません。

ニューカレドニア観光局の皆さま、関係者の皆さま、この度はありがとうございました。

*********************************

Mayumiさん、ありがとうございました!フランスLOVEであり、ニューカレドニアに二度も連続して訪れているMayumiさん^^ そうですか、バゲットは美味しいんですね。さすがフランス領です。

そう、それで、Mayumi-sanと同じテーブルには、昨年のレセプションにご出席してくださったYuki-sanもいらっしゃったそうです^^(Yuki-sanが昨年書いてくださったレポートはこちらです。) 

私は、まだニューカレドニアを訪れたことがありませんが、綺麗な海といえば・・・けっこうな頻度でニューカレドニアの名前が挙がってきますし、「天国に一番近い島」ということで一時期はかなり人気の高いデスティネーションでしたよね。
一度は訪れてみたいな、とは思っているのですが、なんせ、どこに行きたいかというより、どのホテルに行きたいか、で旅先を決めているので、なかなか優先順位が低くなってしまっていました。
ただ、海老好きとしては、本場で天使の海老をいただいてみたいのと、エスカルゴがとっても美味しいらしいのでそれも是非食べてみたいですし、Mayumiさんがおっしゃるように、パンが美味しい!ということ(どこまででもパンを追いかけていくんですけど)も私にとっては旅心がくすぐられます。あとは時差が二時間というのはかなりポイントが高いですね!

年間を通して、初夏のような気候というのも、時期関係なく計画が立てられ、魅力的だと思いました。
あとは、物価は激しくお高い、、なんて聞きますが、調べてみると、ホテルの料金は、リゾート地にしてはとてもリーズナブルなので意外でした。

ニューカレドニアへの直行便があるエアカランは、エールフランスの子会社ということで、機内食のパンが美味しいらしいので、是非一度搭乗してみたいですね。

で。  え~、スパの話は・・・? 最近は食べ物ばかりに目がいってしまって。だから南米で増えた3キロ増は戻らないままだよ(╹◡╹)


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 ハリー・ウィンストンが引き寄せてくれた良縁

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.9''  新北投 南国の温泉郷 

********************