天空の森滞在記。→  →天空の森レポートを始める前に →  →日本から一番近い海外「天空の森」で大冒険
に続きまして、ヴィラ・花散る里について書いていきます。

ヴィラにご案内いただく前に、

IMGP2540
こんな頂上に連れてきていただきました。ここでチェックインをする場合もあるのだとか。



IMGP2533
このブランコも、



IMGP2534
この椅子も、手作りの温もりが感じられて、とっても素敵でした。



IMGP2535
こんな夢みたいな場所があるんだ・・・。  



IMGP2538
この頂上自体は、全てのゲストが訪れることができる場所なのですが、鉢合わせしないよう、例えば私が居る際は、他のゲストが入らぬように看板を動かしておく、ような決まった合図があります。よって、ここからの景色もこの空間も独り占めできるというわけです。



IMGP2539
何気に段差が高いので、階段が用意されています。



IMGP2537
眼下にあるヴィラが、「花散る里」になります。



IMGP2541
天空の森には、ヴィラは5つ存在していまして、そのうち3つが宿泊、2つが日帰り用のヴィラになっています。今回は、宿泊はしていませんので、日帰り用のヴィラ「花散る里」へ。



IMGP2545
詳細は、HPに書かれている通りなのですが、日帰り用ヴィラでは、「野遊び」プランがあり、10時から20時の間の4時間、もしくは6時間、好きな時間にこちらのヴィラに滞在することができます。日帰り用と言っても、簡易施設では全くなくて、普通に泊まれてしまうよ・・・。立派な施設なのにもったいない・・・。ここに宿泊されたい方も絶対にいらっしゃるはず。というか、宿泊したいです。



IMGP2549
お部屋はそこまで大きくはないのですが、温泉と屋外ラウンジがとても広いです。



IMGP2550
こちらでお食事をいただくとピクニック気分。



IMGP2636
雑誌やテレビなどで撮影が入る場合、このヴィラ・花散る里が利用されることが多いようです。



IMGP2631
裸でウロウロすることも可能で、どれだけワイルドなんだよ・・・・



IMGP2552
お部屋の中に入るます。まずはバスルーム。



IMGP2566
ガラス張り一面になっているシャワールーム。



IMGP2554
都内のホテルなどでは、瞬間曇りガラスに切り替わりますが、こちらはこのままです。



IMGP2555
洗面台があって、その奥がベッドルームです。



IMGP2567
寝たまま景色を見渡せるようになっています。



IMGP2558
木の香りがして癒されます:)



IMGP2559
リビングルームというものが存在していないので、確かに仕事(と言いますかパソコン)する場所がありません。でもここにきて、する必要もない、、、ですよね。 



IMGP2561
裸族でOKですが、一応バスローブもありますのでご安心ください。



IMGP2571
リネン類は、天空の森オリジナルのもの。売り出しもされているようです。



IMGP2553
IMGP2563
IMGP2564
手作りランプも一つ一つ個性があって可愛いです。



IMGP2557
段差があるので、切り株で階段を。



IMGP2635
こんなところにもランプが。

お一人様も歓迎ということで、しっかりおひとり様プランも用意されているのが嬉しいのですが、私的に、ここはあまり一人ではお勧めできないかな。もったいない!の一言に尽きます。 おそらく、ですが、どなたでも「うわ~~~~~っ」と感激する場所だと思うんです。  鳥肌が立つリゾートにまさか日本で出合えると思っていませんでした。
ですから、こういう場所では、誰かと嬉しさを共有して過ごせたらもっと楽しいだろうなと。


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村    

☆高級腕時計専門誌クロノス 日本版「WebChronos」連載 時計と旅の物語  ハリー・ウィンストンが引き寄せてくれた良縁  

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載  "Travel  My Word Vol.9''  新北投 南国の温泉郷  

********************