「ランチでも!」とお誘いいただいて、ペニンシュラのロビーで待ち合わせ。そこからどこかに移動をするのかな?なんて思っていたのですが、そのまま2階の中華 ヘイフンテラスに行きました。

コートを預けた後、お席に案内していただいたのですが、いつもと違う場所に進みます。特に不思議にも思わず「個室かな?」と思って扉を開けると。

4
なんと✨ロビーラウンジを見降ろせる1日1組限定の特別席「プライベートバルコニー」でした。



3
こんなサプライズ席があることも知らず、、、あまりの不意打ちに、お恥ずかしながら、ぎゃ~ぎゃ~騒ぐ騒ぐ・・。私のあまりの驚きように、スタッフの方が逆に驚かれていて「初心に戻る気持ちでございます」なんてお言葉までいただいてしまった(●´ω`●)  え?みんな驚かないの?



7
だって、ロビーのここですよ?



8
ここですよ?



9
ここですよ?



5
ロビーからは、こちらの席のこと、全くわからないですよね。でも、このお席からは階下のロビーのありとあらゆることが分かるんです。 というわけで、ちょっと優越感に浸ってしまいました(*´ェ`*)



6
もう、まさかの粋な計らいに興奮しすぎて頭が痛くなりました。。一気に頭に血が上ったってこういうことを言うんですね。  



15
というわけで、お席についてからも最初の10分くらいは、酸欠状態だったのですが、、、、 とりあえず、箸休めとして最初にいただく、くるみの飴がけで落ち着きました。これ、大好きなので、毎回食べ過ぎないように、って思っていても、つい食べ過ぎてしまうのですが、この日は、興奮する方に力がそそがれてしまって、食べる機会を逃した!いや、いいことなんですけど。



14
メニューが変わったばかり、とのことでした。ソフトシェルシュリンプ、手羽先の冷製、大根のスープ炊き、うずら卵のピータン 。   「中華圏に住んでいるのに、中華はどうかな?って思ったんだけど」と言ってくださったのですが、いやいや、台湾の中華と日本の中華は全然違うので、とっても嬉しいです。



13
でもお話に夢中で、実はあまり覚えていないという・・・。



12
牛バラ肉の煮込み麺。お肉、ほろほろでした。



11
どれも上品な味付けで美味しかったです。なんといってもこの特別な空間でいただくのですから、さらに美味しく感じます。



10
扉はこんな感じです。   お誕生日だったり、何か特別な日だったらわかるんですけど、まさか今日?そしてこのさりげなさで?といった感じでした。

尊敬しているIさんからのお誘いというだけで嬉しかったのに、なんだか年始早々、今年のご褒美をいただいてしまった感じでした。私にとってとても偉大な方なんですけど、全く偉そうでなくて、気さくでさらっとしていて、チャーミングで、、、大好きな方なのです(●´ω`●)   ホント、恋に落ちました。まあ、相手は女性ですけど。

それで、このお席の情報を全く存じていなかったので、少し調べてみたら、デジタルSIGNATUREでもご紹介されていました。(プレミアム会員のかた向けです。しかも三年前に!)あまり公にもなっていないのでしょうか。ペニンシュラのHP自体には詳細が書かれていなかったので。。

あと、全く関係ないのですが、フランスで日本人初の2つ星を獲得した「Passage 53」の佐藤シェフが全スタッフを連れて来日されるそうです。(→詳細ココ)  本店に伺ってみたいな~と思いつつ、さすがにパリのホテル以外のフレンチで一人ご飯はできないのでなかなかご縁なく。。   と、その前に早くパリに行きたいな。南米のパリもいいですけど、ここはパンがイマイチ、、かな。


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.9'' は、新北投 南国の温泉郷 です。

********************