もう2年半も前のこと。マンダリンオリエンタル台北がオープンしてわりとすぐに宿泊しました。→当時の滞在記  その時は、「ああ!台湾にも太鼓判を押せる素敵なホテルができた!」と思って嬉しくなったものです。(先日、SIGNATUREでご紹介させていただいたVilla32は、もちろんとってもお勧めのホテルですが、観光メインでいかれるには少し遠いのと、あとは5室しかないためなかなか予約が取りづらいので) マンダリンオリエンタル台北に関しては、著書でもご紹介させていただいて、さらに、台北にくる友人・知人にも激しくレコメンドしていました。 

17
久々に台北のホテルでゆっくりおこもりデーを作ろうと思って、それならやっぱりマンダリンオリエンタル!と思って二年半ぶりに伺いました。ハード面は、やっぱり素敵!前回と気持ちは変わらず、やっぱりいいなと思いました。



19
入口には、新聞を受け取ったり、洗ってほしいグラスを置いたりする棚が設置されています。



27
そしてその横。これまた入口直ぐにお手洗いがあります。バスルームの一部に備わっているのではなく、しっかり独立タイプです。 お手洗いとバスルームが同じタイプよりも断然こちらの方がいいですよね。 ただ、残念ながらここはウォッシュレットではありません。新しいホテルで、しかも台湾なのになぜだーーーー!!



20
お部屋に入る前に、ドレッサー&クローゼットがあります。ここもわりとたっぷりした空間。



21
しっかり収納もできて、しかもドレッサーまで。このお部屋のレイアウトは好みです。



22
こういった1Rのレイアウトは、とても使いやすいと思います。



23
お部屋はスタンダードでも55㎡ですから、とても広いです。東京でいえば、リッツカールトンと同じですね。55㎡ですと、贅沢なスペースの使い方ができるんですね。



1
淡い色合いのエレガントなお部屋、女性好みだと思います。  どうも、自分の中ではモナコのエルミタージュと
被ります。



2
4
5
3
うん、やっぱり台北のホテルの中では、コスパを気にされなければ、ハード面では一番かな(╹◡╹)。(ウォッシュレットがあれば完璧だったのですが。)



6
ですから、この時までは、「うんうん、やっぱり素敵!」って思っていたんです。このときまでは!



7
窓からの景色。



8
デスクの椅子は、動きやすくて使いやすいです。



10
9
ベッドの寝心地は忘れました。



29
これは以前なかったサービスだと思う。妊婦サポート枕というものが存在することすら知りませんでした。専用のものがあるんですね!



11
ミニバー。



12
スナックと、スピリッツは量が多いバージョンです。



26
台湾の有名お茶屋さんCHA CHA THEのティーバッグ。→CHA CHA THEは、カフェも素敵です



14
バスルームも可愛いです。でもダブルシンクではなかった?と過去ブログ振り返ってみましたが、違いましたね。55㎡のお部屋なのに、ちょっと意外でした。



15
前回のお部屋のタイプの方がバスルームは好みかな。お風呂から上がってそのままシャワーを浴びられる方がいいです。



16
別にちょっとした移動なんですけど、、、だったら、一緒にくっついていたほうがいいじゃない?と思ってしまうのです。



18
でもシャワールームにも腰かける場所があるので、これは嬉しい!



24
バスアメニティはdiptyqueです。やっぱりディプティックは香りがいいですよね。



25
ハガキは以前はなかったと思います。あとこのボールペンの色はレアで可愛い。

前回滞在時の際と同じサービスが引き継がれているものもあれば、なくなってしまったものもあります。
例えば、分かりやすいもので言えば、ウエルカムティーが、お部屋に到着したと同時に提供されていたのが、チェックイン時の簡素的なものに変わっていたり、ターンダウンサービス後のチョコレートがなくなっていたり。。。
どちらかといえば、改悪になったものが多い気がしますが、まあなかったらないでいっかというものも多いので、細かいことは気にならなかったかな。

ただ、、、実はこの後、ひと悶着があり、お部屋を変わることになります。また次回、詳細を書きたいと思いますが、サービス的に、他のホテルよりだいぶ劣るような気がして、もう人にお勧めはできないかも、と思ったのでした。ですので、せっかく著書をご覧くださり、ステイをされて、結果、がっかりされてしまう可能性もあると申し訳ないので、ブログでネガティブなことを書くのは本意ではないのですが、しっかりお伝えしようと思いました。
今回私が滞在する前から、けっこう色々な方から話は聞いていたものの、実際に二年半前の記憶しかなかったので(オープン当初は、サービス面は悪くなかったですし、あまりよくなかったとしても、それは
仕方のないこと、と思いますので)、分からなかったのですが、やっぱり「皆さんの言う通り」と思う部分がいくつかあったので。。。
そういうわけで、ハード面は素敵ですが、サービスは期待できないかも。。。しれません。


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.9'' は、新北投 南国の温泉郷 です。

********************