ルアンパバーン滞在記
リアルタイムでは一度しか更新できませんでしたが(→ )、ルアンパバーンはすごくよかったです。ん?日本語変だ。ルアンパバーンへの旅はとても良かったです。これで正解か。    のんびり、ほのぼのできる街で、とっても癒されました!

IMGP3191
ルアンパバーンの空港。 



IMGP3188 (2)
アマンタカのお迎えです。空港―ホテル間の送迎は宿泊費に含まれます。イミグレを出ると、すぐに真っ白い制服姿のアマンスタッフに出合います。他のドライバーの皆さんとは輝きが違うといいますか、一目でわかりました。



IMGP3189 (2)
車内にあったタマリンドのゼリーキャンディ。周りがお砂糖でまぶされ、少し甘いのですが、キャンディそのもの自体は酸っぱいので、美味しかったです。



IMGP2913
白壁と赤茶色い屋根のフレンチコロニアルスタイルの建物「アマンタカ」に到着。空港からは10分くらいでした。



IMGP3070
アマンタカの目の前の道路はこんな感じ。ここはルアンパバーンなのか・・・。他の東南アジアの田舎とどう違うかと言われても説明はできません。



IMGP2912
ホテルのトゥクトゥクは、無料で利用できます。



IMGP2914
この色合いが素敵なんですよね。



IMGP2692
ホテルのエントランス。



IMGP2909
ホテル正面側から、門の方向を眺めるとこんな感じ。



IMGP2693
こちらが、ギフトショップになっています。



IMGP3065
セキュリティはそこまで厳しくなかったでしょうか。
もちろん、夜~早朝にかけては門は閉まりますが、常に、というわけではありませんでした。



IMGP3066
アマンタカって書いているのかな?



IMGP2691
ルアンパバーンではよく自転車のお世話になりました。川沿いをサイクリングするのは、とても気持ちがいいです。  自転車は、トゥクトゥクのモスグリーンカラーと同じでした。



IMGP2694
レセプション。 私が訪れた時期は、アマンタカのGMが不在ということをあらかじめご連絡いただいていたのですが、フロントマネージャーのMs Ratihがお迎えしてくださり、滞在中ずっとケアをしてくださいました。



IMGP2688
アマンタカは、フランス植民地時代に病院として利用されていた100年ほど前の建築物を改築し、2009年にオープン。 フランスの香りが漂ってきそうな、とっても素敵なフレンチコロニアルスタイルの建物です。



IMGP2695
随所にあるお花がまた美しくて。



IMGP2910
こちらがロビー。 アマンと言えば、僻地に建っているイメージが強いですが、ここはビジターの方も立ち寄りやすい観光地からすぐの場所にあるので、混んでいるかな?と思いきや、宿泊者以外の訪問はあまりないように思いました。



IMGP2687
パッケージにもよりますが、現在のアマンタカはオールインクルーシブになっていて、朝食無料、ランチorディナーどちらか無料、ソフトドリンク無料、アフタヌーンティー無料。。。といった形になっています。(日本からのツアーや旅行会社経由ですとどうかはわかりません。)



IMGP2582
ウエルカムドリンク。 甘酸っぱいハーブティーでした。



IMGP2674
ロビーの奥では、民族音楽の生演奏があります。



IMGP2677
何といっても美しいのはこの廊下。



IMGP2690
ここにも、モスグリーンカラーが。   日に当たると暑いルアンパバーンも、このお席は、冷房がなくても心地よいくらいの気温でした。

時間の流れがいつも以上にゆっくり(╹◡╹)


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.8'' は、天空の街、雲南省麗江の絶景とともに味わう山の美味  です。

********************