箱根・翠松園滞在記。→日本でただ2つシスレースパに続きまして、今日はお部屋の様子を。滞在したお部屋は、コンフォートスイートキングダブルの「敏」です。翠松園の全23室の客室は3つのカテゴリーにわかれていて、私が滞在したタイプは、最もスタンダード。 全客室ともレイアウト・デザインが異なります。

IMGP9779
ロビーからお庭を通って、滞在するお部屋「敏」のある客室棟へ。



IMGP9848
正面ロビーではなく、そのまま客室棟へダイレクトアクセスも可能です。うん、だから芸能人が訪れても安心なのですね。



IMGP9847
4つある客室棟。紅の棟の二階にすすみます。



IMGP9845
こじんまりしている熱海ふふと違って、お庭が広いので、ロビーからけっこう距離を感じます。



IMGP9846
いつくしと読むことを知らなかったです・・・。



IMGP9786
コンフォートスイートキングダブル。58.5㎡。 翠松園は客室全てに温泉が備わっているので、こちらのお部屋のベランダにも温泉があります。



IMGP9787
IMGP9788
IMGP9789
IMGP9790
今年、何度か日本の旅館に宿泊して思ったことは、やっぱり自分はベッドが好きだな~ということ。ですから洋室タイプのお部屋の方が好みです。 でも日本のザ・旅館的な温泉宿も好きなので、両方ミックスされているこの手のお宿は心地いいですね。



IMGP9792
ベッドは、シーリー社製。上位カテゴリーのお部屋は、シモンズとなるようです。



IMGP9794
子供のころの勉強机みたいですけど、デスクがとても使いやすい!ひざ掛けも用意されていて嬉しいです。時々海外のホテルで、少し肌寒いな~と思っても、クローゼットにブランケットなども置いておらず、膝にバスタオルをかけるときがあるんですよ。いや、持ってきていただけばよい話なのですが、そこまでするほどでも?でも寒いな、みたいな感じなんです。



IMGP9797
IMGP9804
こういった備えはさすがです。 思い立って突然泊まりに来ても大丈夫。



IMGP9805
IMGP9806
雑誌にDVD。一人でも暇になる時間なんて全くないですね。



IMGP9809
バスローブに浴衣、作務衣。



IMGP9813
いつもデスクかベッドかどちらかにいることがほとんどですが、ここではソファーで寝っ転がったりしていました。



IMGP9819
熱海ふふと同じく、冷蔵庫内はコンプ。おそらく、おひとり様用セットだと思います。通常は2本ずつあるっぽいです。



IMGP9867
ウエルカムフルーツとお菓子。 旅館で持ってきていただくのも、旅館らしいサービスで良いのですが、いつでもお好きな時にどうぞ、というセルフスタイルの方が私は好きかな。



IMGP9815
ネスプレッソの珈琲は12種類×3つ。



IMGP9821
嬉しかったことはティバーグも用意されていたこと。熱海ふふでここだけは残念!と思っていたので、感激したな~。   カップはジノリ、ティーポットはマリアージュはマリアージュフレール。



IMGP9861
お紅茶はテイラーズオブハロゲイトの檸檬&オレンジティートと、ヨークシャーゴールド!!わっ、素晴らしいチョイス。ヨークシャーゴールドは、イギリスにいたとき、よく飲んでいました。日本ではなかなかお目にかかる機会がなかったので、これはかなり嬉しいです。



********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.8'' は、天空の街、雲南省麗江の絶景とともに味わう山の美味 です。

********************