6月の欧州滞在記 の続きです。 滞在した、ヴィラ・ステファニーは、ヨーロッパでも類をみない革新的なサービスとファシリティを備えているスパホテル。SIGNATUREでもスパにフォーカスしてご紹介させていただいたので、詳細はそちらをご覧いただけたらと思いますが、お写真をメインにブログでもご紹介したいと思います。
ヴィラ・ステファニーの共通施設はこちらをどうぞ →ヴィラ・ステファニーのお部屋はこちらをどうぞ →ブレナーズパークホテルでのランチはこちらをどうぞ

IMGP4390
スパは、ヴィラ・ステファニー棟の一階にあり、1階すべてがスパ施設となっています。



IMGP4551
ロッカールーム。   客室数15室のスパとしては規模は大きく感じますが、なんせスパ滞在者のためのホテル棟ですから、1日のうちの多くをスパで過ごされる方も多いので、このくらいの広さがないと窮屈に感じてしまうのかもしれません。



IMGP4539
ロッカーが中心にあり、それを囲むようにして、シャワー&フィッティングルームが個室で4つ用意されています。



IMGP4561
ここでもしっかりバスアメニティが用意されています。しかも一回きりのミニボトルとなっているのが嬉しいですね。



IMGP4392
温水プール、というかジャグジーです。



IMGP4549
このお魚の画像はなんだったかな。何か意味があったはずなのですが、忘れました。。だから早めにブログを書かないとダメですね。



IMGP4546
リラクゼーションエリア。 スパ自体は男女兼用となっているので、水着は必須です。



IMGP4544
スパというのに、男性の滞在者が多くて、驚きました。そういう方は、治療メインだったり、体を絞り込むためだったり・・・食事制限もされながらストイックに行っているようです。



IMGP4567
トリートメントルームは、1階のホテルレセプションの奥にあります。館内どこででもバスローブで過ごせるので、ホテルロビーをバスローブでウロウロしても問題ないのです。



IMGP4570
トリートメントルームは、豪華さなどはなく、シンプルでした。



IMGP4571
トリートメントは、スウェディッシュトリートメントをチョイス。色々なメニューがあったのですが、最近は、一番比較しやすく、技術の違いが分かりやすいスウェディッシュにしようと決めています。え、ホント、最近からですが。    オイルが三種類用意されていて、私はゼラニウムにしました。 トリートメントはやはりアジアに比べると、強めをリクエストしても圧はソフトです。とはいえ、全体的にはソフトでも、ポイントでポイントでしっかり強めになったりと強弱があり、代謝もよくなり、老廃物が流され、デトックスされた感は感じられます。



IMGP4271
そしてこのホテルには、スパとは別に、クリニックも入っています。 デトックスな滞在を!といかにもヘルシーな日常をうたっている感じですが、特別室には、ショパールや、グラフなどの宝石が飾られたりと、アンバランスで面白いです。



IMGP4270
小さなブティックを通り、その奥の個室部屋を抜けると、クリニックのある施設の扉があります。ちょっと隠れた風になっていて、プライバシーを配慮した造りになっているようでした。



IMGP4387
2階へ上がると、健康診断、歯科、メンタルケアなど様々なブースに分かれていました。平日は医師も常駐しているそうです。



IMGP4389
もっとこの施設の画像があるかと思ったのですが、真剣に説明を聞いていて、取り損ねていたようです。いや、だからといっていつもは真剣に聞いていないわけではないのですが。。



IMGP4203
滞在者は無料でアクテビティに参加できます。



IMGP4395
プライベートジム。ここでトレーナーとマンツーマンでプログラムが組まれます。 モデルルームのように美しいジムでした!

お次は、一日中いたいくらい寛げる、サロン(ラウンジのような場所)について書きます。


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.7'' は、南ドイツの高級温泉保養地、Baden-Baden に2014年にオープンしたヴィラ・スティファニーをご紹介しています

☆講談社 日本初の"世界の絶景"マガジンが創刊「週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet」 
Ciel@奇跡の絶景

********************