W台北滞在記。 台北桃園空港のラウンジを後にし(→チャイナエアライン最上位メンバー専用のラウンジ「梅苑」)、機内へ。 

IMGP9427
ビジネスクラスは2-2-2の配列です。 新しい機体なのかな?何度か、搭乗したことのある二階席のあるピンクカラーのB747ではありませんでした。(過去ブログ→台北ー成田 →台北ーバンコク →台北ー上海) 



IMGP9429
機体はこんな感じ。可愛らしい淡いパステルカラー。



IMGP9431
モニターの下にある、小さな引き出しがとても便利でした。



IMGP9441
iPhone、ポーチ、ボールペン、充電器など、小物を入れるには十分です。



IMGP9430
今回は、通路側です。窓側・通路側、最近はどちらでもよくなっています。以前は絶対に窓側をリクエストしていたのですが・・。



IMGP9432
ドリンク置き場があるのが嬉しいですね。何気に安定しますものね。



IMGP9433
チャイナエアラインの毛布は、すべすべ、サラサラで肌触りがいいです。



IMGP9435
ウエルカムシャンパンとスナック。ウエルカムドリンクの時点で、お菓子も共にいただけるのは珍しいかも?



IMGP9436
椅子にもたれかかると、横を見てもお隣のお席の方と視界が合わぬようカバーされています。



IMGP9464
完全フルフラットではないにしろ、リラックスするのに十分な角度まで下がります。



IMGP9446
機内食です。チャイナエアラインの日台路線ビジネスクラスでは、通常3種類のお食事が用意されていますが、その他に、事前予約で5種類の特別ベジタリアンミール(中華テイストが3つ、和食テイストが1つ、インディアンテイストが1つです)を手配することも可能です。今回は、その5種類の中から一つを事前予約しました。



IMGP9448
私は中華テイストのAタイプをセレクト。レンコン、ブロッコリー、ニンジン、キノコ。レンコンのおかずが、鶏肉のはさみ揚げのような感じで、お野菜とは思えませんでした。(中はテンペかな?)  台湾にはベジタリアンの方も多い+ヘルシー志向が高まっているということで、需要はかなり高く、チャイナエアラインでも力を入れているみたいです。



IMGP9455
ガーリックパンとチーズパン。

お隣のお席の方が、通常食の和食を召し上がっていたのですが、そちらの方が見た目が美しく、美味しそうでした・・・。そちらをいただきたかった^^;

とはいえ、5種類から選べるベジタリアンメニューというのはなかなか贅沢だと思います。これだけ種類が充実しているので、長期路線ですともっと良さを感じられそうです。他のエアラインでは、ここまでベジタリアンメニューに力を注いでいるとは聞いたことがないので(インドや中東系でしたらあるのかもしれませんが)、新鮮でした。

あとは、最初から最後までほぼ日本語での接客でした。外資系でここまでの日本語サービスがあるエアラインも珍しいと思います。  
以前から書いていますように、チャイナエアラインのサービスはとても気に入っているので、また来年も引き続きお世話になります。  と今年の〆のような言葉になってしまった。。

→ JAL ビジネスクラス 成田ーロンドン ベジタリアンミール機内食


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.7'' は、南ドイツの高級温泉保養地、Baden-Baden に2014年にオープンしたヴィラ・スティファニーをご紹介しています

☆講談社 日本初の"世界の絶景"マガジンが創刊「週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet」 
Ciel@奇跡の絶景

********************