W台北滞在記。(前回のブログ→W台北の最上階31階でモダン広東料理を YEN(紫艷中餐廳)

W台北の最上階31階の「紫艷酒吧 (イェン・バー)」でアフタヌーンティーをいただきました。

IMGP9260
31階のラウンジバーは、10階のバーとはまた違った大人っぽい雰囲気。 同じフロアにあるイェン・レストラン(紫艷中餐廳)と同じく、パープルを基調としたスタイリッシュな空間です。



IMGP9224
ラウンジバーといえども、11時半~からオープンしていて、終日、フードメニューも充実しています。



IMGP9223
今回は、アフタヌーンティーをいただく前に、W台北10階「Woo Bar」の名物でもあるモヒートのカクテル教室をしていただきました。



IMGP9234
講師をしてくださったのは、W台北ビバレッジ・マネージャーのTINGさん。



IMGP9238
ハーブ系のドリンクが好きなので、わりとよく飲んでいたモヒートですが、完成するまでけっこうな手順があるのですね。こんなに手間がかかっているとは知りませんでした。



IMGP9239
完成したモヒート。自分で作ると甘さや酸味を調整できるので、かなり好みの味に仕上がりました。



IMGP9205
その後は、アフタヌーンティーをいただきました。 通していただいたお席は、台北101が目の前に!



IMGP9229
台北101と101の形をしたW台北特製のアフタヌーンティーセットです。



IMGP9230
はじめにこの考えを思いついた方は素晴らしい・・・!   今の時期は、イタリア生まれのファッションブロガー、キアラ・フェラーニとのコラボアフタヌーンティーということで、とってもオシャレでした。



IMGP9210
IMGP9212
IMGP9214
IMGP9215
IMGP9217
IMGP9218
所々、ピンボケしてしまっていますが、とにかくカラフルで可愛かったです。W台北のアフタヌーンティーは、よくこういった形で、ブランドや映画とコラボして、期間限定のアフタヌーンティーも提供しているようです。 とはいっても、一応胡麻団子や月餅など中華スイーツもしっかり入っています。



IMGP9250
アマン東京のブラック・アフタヌーンティーも可愛いですが、こちらの靴も負けていません。



IMGP9253
抜群に可愛いのですが、お味は・・・・^^; 見た目とアイディア、雰囲気はとにかく最高デス。


お値段は、二人分で1800元ですから、2人でいくと、一人3000円くらい。ですからコスパは良いのです。 ソフトドリンクは飲み放題で、アルコールにしてしまうと、一杯だけ?だった気がしますが、アルコールも選べるのは嬉しいですね。 

お味はとにかく!!思い出に残る台北旅行のひと時を過ごせることは間違いないかと。  ええ、お味はとにかく。←しつこいよ。


********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 Travel  My Word Vol.7''は、南ドイツの高級温泉保養地、Baden-Baden に2014年にオープンしたヴィラ・スティファニーをご紹介しています

☆講談社 日本初の“世界の絶景”マガジンが創刊「週刊 奇跡の絶景 Miracle Planet」 
Ciel@奇跡の絶景

*********************