一旦終了した6月の欧州滞在記ですが、この時期に、SIGNATUREの取材でバースにも立ち寄っていました。今週、バースの記事が公開されましたので、ブログにも記録を残したいと思います。  (バースを訪れる前後のプライベート旅行記はこちらをご覧ください。→6月 欧州ロンドン&ハイデルブルク滞在記 )

IMGP3562
バースまでは、ロンドンのパディントン駅から列車で約1時間30分。列車は30分おきくらいにあるので、特に予約もせずに駅に着いてから購入しました。



IMGP3565
バース駅に近づいてくると、列車内からはのんびりとしたイギリスの田舎らしい風景を眺めることができます。



IMGP3567
’’Bath Spa''駅とか、可愛すぎる♥ この汚れている看板もイイ味を出しています。



IMGP3681
駅からホテルまでは徒歩5分の場所にありますが、お迎えをお願いすると、ホーム上で待っていてくださいます。 ↑ 上の画像がホテルの外観。駅から近いうえに、サーメバーススパもローマンバス博物館も徒歩数分、ショッピングストリートも目の前という、立地条件は抜群。



IMGP3693
到着してすぐに雨が降り、夏だというのにさむ~いイギリス。。 でも子供たちは元気いっぱい!



IMGP3678
天然温泉施設を備えた英国で唯一の宿泊施設「ザ ゲインズボロー バース スパ」に到着しました。「唯一」というのは意外ですよね。つまりここがオープンするまではなかった、ということですね。



IMGP3679
YTLホテルズにとって、英国で最初のクラシックホテルの開業となり、バースでは唯一のリーディングホテルズに加盟するホテルです。
 


IMGP3792
レセプション。客室数は99室とこじんまりしたホテルで、その分アットホームな感じ。ロンドンでは、ホテルによっては、気合いを入れなければいけなかったり、ちょっと冷たいな~と感じることもあるのですが(←これは多分自分の経験不足の無さ故になのですが、時々本当にしょんぼりする。。ロンドン、敷居の高いホテルは、ちょっと怖いんです。)、こちらのホテルはフレンドリーで、第一印象がとても良かったです。



IMGP3619
チェックインをしてまずはお部屋へ。ウエルカムシャンパンとチョコレート・・・♥スイーツならこの組み合わせが一番うれしい! お部屋のご紹介はまたのちほど。



IMGP3668
ロビーに入るとすぐに飛び込んでくる美しい螺旋階段。



IMGP3823
下から見上げるとこんな感じ。



IMGP3674
ホテルには、ラウンジが1つ、レストランが1つ、バーが1つ。すべてロビー階にあり、こちらはラウンジになります。宿泊者以外も利用OKですが、アフタヌーンティー以外の時間帯は空いていました。



IMGP3724
アフタヌーンティーをすることは、あまり多くはありませんが、イギリスにきたらやっぱりいただきたくなりますね。イギリスは、スコーンだけは!!!絶対に外れはないので、イギリスに長期滞在していたころは、ほぼ毎日クリームティー(お紅茶とスコーンのセット)をいただいていました。



IMGP3972
夜のラウンジの雰囲気は一層シックで素敵でした。



IMGP3697
朝食&ディナーをいただいたレストラン。こちらは、ややカジュアルでしょうか。お料理は、アジアのエッセンスを織り交ぜたモダン・イギリス・キュイジーヌで、これが意外なほど美味しくて嬉しいサプライズでした。



IMGP3710
レストランの隣にあるバー。



IMGP3712
夜は混んでいました。お席の間隔は決して広くないのですが、全く気にならないという、、、むしろざわざわした感じの方がこの雰囲気にマッチしているかな。



IMGP3834
アペリティフタイムにシャンパンを。おつまみは、カレー風味のカシューナッツとポップコーン。



IMGP3717
イベント、会議などで利用する宴会場。



IMGP3790
高天井とジョージ王朝様式の窓が特徴的なチャペル・ルーム。



IMGP3804
IMGP3810
IMGP3796
そして、こちらが、温泉付きのスペシャルルーム「バース・スパ・ルーム」。99室の中でも、このお部屋はたった3室しかないため、いつも予約でいっぱいだそう。このホテルは、英国で唯一天然温泉のあるホテルですが、それは地下にある2フロアにわたるスパ施設「スパ・ヴィレッジ・バース」に行かなければ体験できません。(もちろん宿泊者はそのスパをいつでも無料で利用できますが) でもこのお部屋だったらいつでも温泉に出入り自由、そのままベッドの上に’’ごろ~ん’’ができるのです。 イギリスにたった3室だけある、スペシャルルーム!いつか滞在してみたいな。

そういっているうちに、他にも天然温泉のホテルができていたりして、、
そうなる前に再訪せねば。 ここは、お友達同士でくるのがいいなって思いました。 バーとかで語るんじゃなくて一緒にスパに行って語るの。健康的だし、お酒代より費用もおさまりそう。



Instagram

********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 “Travel  My Word Vol.6は、 世界遺産の街バースに現れた英国初の天然温泉ホテルで味わうデトックス体験です。

*********************