長々と続いたメコン川クルーズ旅行記も、今日が最終回です。このアクア・メコンについてのブログを書き始めてから、リアルな友人や知人から「行ってみたい!」とか「続き楽しみにしている!」と連絡をいただく機会が多くて。。’’え・・。ブログ読んでくれていたの?。早く言って(●´ω`●) ''←心の声。
というわけで、けっこう真面目に書いていますが、今回は最後にクルーズを通しての感想も書きたいと思います。

下船する最後の日も午前のエクスカーションはあったようですが、私は船内でゆっくり過ごすことにして、この日の朝食はあらかじめ遅めをリクエストさせていただき、9時ころ朝食会場に向かいました。(ちなみに他のゲストはみな参加されていました。。。どれだけアクティブなのか。。)

IMGP6794
3回目の朝食は、まだいただいていなかったリコッタホットケーキにしました。これで全制覇^^



IMGP6807
パンケーキのような可愛らしい食べ物は激しく似合わないので、私らしからぬチョイスなんですけど。



IMGP6801
ドラゴンフルーツが赤・白両方揃いました。私はベーシックな白の方が好きです。



IMGP6803
薄いホットケーキが二枚、それも手のひらサイズの大きさで、もう少し食べたいな。。と思わせて終わるという、何ともSな食べ物です。 生地自体に甘みはほとんどないので、’食事系パンケーキ’として楽しめる感じ。ふわふわでもさくさくでもない、ややもっちりしていて、美味しかったです。リコッタチーズ×クラッシュアーモンド×バナナ×ハニー。この組み合わせはかなり美味しかった♡ホットケーキではなく、普通のパンに合わせても楽しめますね。



IMGP6811
上から撮影すると可愛いですね。いろいろな方のインスタのお写真を拝見するととても参考になります。



IMGP6812
朝食を終えて、時間があったので、コネクティングルームを見せていただきました。船内に20室ある客室は、全て同じ大きさの30㎡。そのうち2部屋がコネクティングルームになっています。ですので、例えばご家族でご滞在される場合、2室押さえて、その2室を1室にしてご利用するといった具合ですね。この場合、30㎡×2室となり60㎡になります。



IMGP6813
こちらのお部屋をリビングとして、



IMGP6817
もう一つのお部屋をベッドルームにします。テラス付きのお部屋もあります。が、平米数はどのお部屋も同じですから、テラスのお部屋は、テラスがある分、どうしても狭くなってしまいます。



IMGP6820
確かにテラスは開放感があっていいな~と思うのですが、今回のアクア・メコンに関しては、私はテラス無しのお部屋の方が好みでした。確か価格は変わらなかったと思いますので、この辺りは好みの問題だと思います。



IMGP6822
11時30分下船となっていますが、11時過ぎころ、車の用意が完了とのことで、船を下り、スピードボードで陸に戻ります。丸三日間、毎日朝・昼・晩顔を合わせていたスタッフとの別れ。。こんなに多くの時間、誰かと一緒に過ごすことなんてないですから、最後はさすがに私もしんみりしてしまいました。次はいつ会えるのかな。。



IMGP6823
楽しかった3泊4日のメコン川クルーズの旅が終了しました。これまで、ギリシャ/アテネ発着の地中海クルーズ、クロアチア/スピリット発着のアドリア海クルーズ、シンガポール発着のアジアクルーズと体験してきましたが、今回はもうクルーズと言いますか、ホテルにずっと滞在していた、、そんな感じです。それもゲストは少人数、スタッフの数はその3倍!(普段はそんなことはないと思うのですが^^;)ホテル以上のおもてなしを受けるわけですから、これは帰りたくもなくなります。

最後に、私の感想をメモ書きで。
〇全体的なこと
・アクア・メコンの滞在スケジュールは、3泊、4泊、7泊とわかれていますが、日にち、シーズンによって発着地が違うので、よく吟味したほうがよいと思いました。私は元々、プノンペンに行きたかったので、プノンペン発プノンペン着の3泊にしました。いつかアマゾン川のリバークルーズに参加してみたいと思っていて、こちらはお試し版と考えていたのですが、3泊以上いたかった!というのが本音です。でも、エクスカーションに関しては、やっぱりアジア人の私たちにとっては、アマゾン川の方がより’’特別感’’があると思うので、ちょっとアジアでお試しをしてみて、アマゾン川を目指す、というのもありだと思いました。
・空港ー乗船場までの金額と同じかは分かりませんが、ホテルー乗船場までは40US$~(車種によって変わります)でした。これはアクアメコンの専用車ではなく、提携している会社のようですから特に特別なことはありませんが、乗り場はたくさんの船もあり、ちょっと分かりづらいので、送迎はお願いしたほうが良いと思いました。
・やはり一人より、二人で参加したほうが良いとは思いますが、、、私のような変人は一人でも平気でした。ただ、一人の場合、他のご家族から「お食事ご一緒にいかがですか?」とお誘いを受けることに多分なると思いますので、そういったことが好きか、苦手かにもよると思います。もちろん気が進まなければお断りしたらよい話です。 

〇お料理に関して
・ソフトドリンク(ホットでもノンアルコールカクテルでも)、ハウススパークリング、ハウスワイン(赤・白各2本ずつ)は無料です。朝はアルコールは準備されていませんが、オーダーしたら朝でもいただくことはできます。
・ほぼメコン川地域(ベトナム・タイ・カンボジアetc)のお料理が出てくると思って良いと思います。よってアジアン料理がNGな方(パクチーだったりナンプラーだったり)は、あらかじめお伝えしたほうが良いでしょう。
・コンプのワイン以外、アルコールは有料ですが、カクテルでも1杯8US$と価格はリーズナブルでした。

〇チップに関して
こちらにも書きましたが、参考になるテキストがお部屋に置いてあるファイルの最後に掲載されていました。カード払いでもOKでしたが、最後にポチ袋が用意されるので、やはり現金の方がよかったかな、、
と個人的に思いました。エクスカーションの際に出会った村人たちにお渡しすることはなかったです。これはアクア・メコン川のガイドさんがまとめてお渡ししていました。そのガイドさんには、スタッフとは別に最終日にやはりポチ袋に入れてお渡しする形です。

〇Wifi環境に関して
・ラウンジとロビーでWifiは無料で利用できます。が客室では使えません。ですので、私はずっとラウンジに居ました。速度は場所によってはとても遅く、時々切れてしまうことはあります。でもこれはクルーズでは仕方のないことですから・・・。繋がりやすい場所は、バーカウンターの近くでした^^ あとは、ラウンジが朝6時~24時までオープンしているので、お部屋で利用できなくても問題ありませんでした。

過去のクルーズ乗船記
→ クロアチア/スピリット発着のアドリア海クルーズ
→ シンガポール発着のアジアクルーズ
→ ギリシャ/アテネ発着の地中海クルーズ

********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 “Travel  My Word Vol.5 
第五回は、ピエール・エルメの朝食がいただけるル・ロワイヤルモンソー・ラッフルズ・パリです。

*********************