プノンペン&メコン川クルーズ旅行記 の続きです。

一日目
船に乗るまで / ウエルカムパーティー
ミシュランスターシェフによるディナー 1日目夜
5つ星ホテル並みに快適な船内のファシリティ
全室リバービューのスイート仕様 滞在したお部屋
二日目
レストランが貸切だった朝食 
ヘルシーなピッツァランチ
スパ アペリティフタイム ディナー
に続きまして、3日目の午前の朝食&エクスカーションです。2日目は一日中、船内でゆっくり過ごしましたが3日目は、エクスカーションに参加してみることにしました。朝7時にモーニングコールがなり、

IMGP6418
8時ころレストランに向かい、さくっと朝食をいただきました。



IMGP6421
カンボジアに居るとき、ランブータンをたくさんいただきました。フルーツ天国台湾でもランブータンやマンゴスチンは滅多に食べる機会はありません。



IMGP6419
オーダーしたスイートコーンケーキ。これはタイ料理の一つかな。



IMGP6425
中にはコーンがザックザック入っています。お粉よりコーン率高めでとても美味しかった!



スクリーンショット (41)j
この日の午前のエクスカーションは、プノンペンより北部に位置する小さな河港街コンポンチュナンへ。カンボジアで最も陶器作りが盛んな地域だそうです。(旅行のともよりお借りしました) 



IMGP6426
アクア・メコン号から、スピードボードに乗り換え、いざ出発。



IMGP6431
メンバーは、スタッフ2名、ガイドさん1名、アメリカ人のファミリー1組、フランス人のファミリー1組、私。



IMGP6438
水筒を持たされます。(←拒否権なしだった。笑)しかも名前入りで笑えました^^ さらに随時冷たいお水が追加されるという、至れり尽くせりのサービスです。



IMGP6436
遠くから眺めると、メコン川の雰囲気に本当にマッチしている美しい船です。一見、ゴージャスに見えないところがいいな~。



IMGP6444
メコン川 冒険の旅がスタート。



IMGP6441
水上生活をしている人たちの生活を垣間見ながらボートはゆっくり進んでいきます。



IMGP6446
まだ出発して、カンボジアの村を見ていないにもかかわらず、この時点ですごいドキドキしていました。この高揚感、久々に味わいました。アクア・メコンを運営しているアクア・エクスペディションズは、元々はアマゾン川のリバークルーズ会社ですが、アジア人である私にとっては、やっぱりアマゾン川のクルーズに参加してみたいな~とこの時に思ったのです。(締めの感想みたいだな)



IMGP6450
クルーズ船で入ることのできない支流にも、スピードボートで乗り換えてこうして辿りつけるのが、リバークルーズならでは、ですね。



IMGP6451
別の時代にタイムスリップしたかのようです。



IMGP6449
10分くらいで、接岸に上陸しました。



IMGP6452
待っていたのは、なんと自転車。 聞いてはいたけれど、本当に自転車8台が並んでいるとは^^;



IMGP6560
道路の両側にマーケットが続く1本道をひたすら自転車で通り抜けます。車もバイクも通っていて、一応ヘルメットは被っているとはいえ、かなり危険です@@でもそのスリルがたまりません。



IMGP6454
しかし20分くらい進んだところで、私はギブアップ。というのも、皆さんはや~いんですね。(参加者は私の他8名) 私もけっこう頑張ってペダルをこいでいたのですが、全然追いつけず、完全に皆さんの姿を見失いました。有り難いことに、後ろには私と同じペースで進んでくださるスタッフが見守ってくださっているので、ここから先は、自転車を降り、トゥクトゥクで移動しました。  ちなみに、元々はトゥクトゥク移動が基本で、サイクリングはオプション。しかし、参加者はみな、サイクリングを希望しているのです。さすが冒険船への参加者です。



IMGP6455
後から追いかけてくるトゥクトゥクを待っている間、おばあちゃんとお話を。(といってもスタッフを通してですが。プノンペンはある程度英語が通じますが、この村はまず通じません)



IMGP6459
トゥクトゥクに乗り、街を離れ、のんびりとした農村部にやってきました。



IMGP6465
今なお残るアジアの原風景。



IMGP6466
自分一人では絶対に訪れることはできないような場所です。



IMGP6472
一面に広がるパームツリーは圧巻です。



IMGP6478
空気もフレッシュで、深呼吸をすると気持ちいい!



IMGP6525
小さな村の個人宅を訪れました。このおじさんがまたナイスキャラで♥



IMGP6488
前日の夜にいただいたデザートがここに!



IMGP6489
どうやら男性がお好きのようです^^ 



IMGP6492
パプアニューギニアで恋をしたことを思い出しました。 →パプアニューギニア滞在記



IMGP6494
お猿さんのようにあっという間に上ってしまうおじいちゃん。



IMGP6498
たくましくて素敵。しかもめっちゃ笑顔です。



IMGP6503
ご一緒させていただいたご家族のお父さん(5人家族でした)、ノリノリなおじいちゃんにつられて、楽しまれていました。



IMGP6493
続いて、そのお隣のご自宅へ。



IMGP6490
IMGP6496
数字だけしか読めない住所。



IMGP6507
コンポンチュナン州は、伝統的に素焼きの土鍋やびんの生産でも有名で、その現場を見せていただきました。



IMGP6508
女性たちがつくる素焼き製品。もちろん一つ一つ手作り。



IMGP6510
自分自身が廻りながら、形成し、素焼きを仕上げていきます。



IMGP6516
わずか10分足らずでこんな感じに。



IMGP6517
今度は底を作っていきます。



IMGP6520
シンプルで美しいフォルム!



IMGP6521
彼女の子供。ちょっとシャイな女の子でしたが、最後には少し打ち解けてくれて、可愛かった♡



IMGP6522
こういった土鍋や瓶以外の素焼き製品もあり、1ドル~5ドルで購入も可能でした。



IMGP6527
近くにあった学校。



IMGP6528
そろそろ、船に戻ります。帰りも私はトゥクトゥクに乗って移動しました。体力に自信のない方は、あらかじめ、スタッフにお伝えしておいた方がよいと思います。



IMGP6530
村では、度々農耕牛を見かけましたが、午後はこの農耕牛を乗ることになるとは、、、この時は想像していませんでした。



IMGP6538
IMGP6536

IMGP6540
IMGP6542
村人の何気ない日常を目の当たりにしながらトゥクトゥクでゆっくり移動しました。



IMGP6547
幻想的で美しいパームツリー。



IMGP6561
IMGP6553
IMGP6556
たった2時間の中で、素朴な村の風景と、ちょっと慌ただしい街の風景と両方に触れることができました。



IMGP6564
スピードボードに戻ります。



IMGP6567
IMGP6570
IMGP6575
IMGP6571
エクスカーションでは、今回のように川沿いに住む方々の暮らしをのぞいたり、伝統工芸を見学したり、メコン川でカヤック体験をしたり、シェフと市場に出かけたり、、、さまざまな趣向でゲストを楽しませてくれるのでした。



IMGP6581
船に戻り、入り口で冷たいおしぼりをいただきます。脱いだ靴は、午後には綺麗に磨いていただきお部屋の前に置かれます。ラウンジでは、冷たいココナッツジュースをいただいて水分補給。そしてその後は、ヘルシーなランチが待っています。

リラックスしながらリフレッシュ、刺激を受けつつも癒される。毎日がその繰り返しでした。

つづく。


Instagram

********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.5 
第五回は、ピエール・エルメの朝食がいただけるル・ロワイヤルモンソー・ラッフルズ・パリです。

*********************