6月の欧州滞在記の続きです。
ロンドンからフランクフルトに到着し、そこからバーデンバーデンへ。バーデンバーデンでは、4年前に訪れたブレンナーズパーク&スパ内にある新しいスパヴィラ「 Villa Stephanie」に滞在しました。

IMGP4494
この「Villa Stephanie」は、スパを目的に滞在されるゲストのための客室で、素晴らしい施設でした。そちらの滞在記はまたゆっくりと。



IMGP2024
その後は、ハイデルベルクへ。と、その前にお友達が近くにいるということで、少しだけデュッセルドルフに立ち寄りました。思いがけず奇跡的な再会ができてよかったです。
デュッセルドルフに関しては想定外の立ちよりなので、備忘録のために撮ったようなお写真ですが、こちらも記録に残そうと思います。



IMG_0889
ホテルは、デュッセルドルフの並木道ケーニッヒスアレーに面しているインターコンチネンタル デュッセルドルフに滞在しました。デュッセルドルフ中央駅からも近く、周辺はブランドなどが立ち並ぶ通り繁華街で立地は最高です。ホテルのロビーは広い吹き抜けになっていて開放感があります。



IMGP1971
IMGP1972
お部屋はスタンダードルームです。 普通に使い勝手は良いですが、他のインターコンチネンタルのホテルよりビジネスホテルよりでしょうか、かなり簡易的な感じです。(といってもインターコンチに宿泊することはほとんどないので、知ったかぶりでした。すみません)あまりインターコンチは知りませんが、ただ、香港のインターコンチは好きです。
有料でエグゼクティブフロアのオファーをいただきましたが、この日は終日外出の予定でホテルは寝るだけ利用でしたので、特に必要なしとそのまま。



IMGP1976
IMGP1977
バスルームは狭いです。まあ、欧州の良い立地にあるホテルはこんなものですね。



IMGP1980
バスアメニティは、世界のインター コンチ共通の米国フレグランスブランド「Agraria(アグラリア)」でした。



IMGP1988
机に「おかき」のプレゼント。え?これは日本人だから??それともホテルのゲスト皆さんへ?地味にめちゃめちゃ嬉しかったです♥



IMGP1982
クラブラウンジを上から眺めます。このホテルの中で唯一、このビューだけは素敵だと思いました。



IMGP1983
ホテル内にはプール&スパはありませんが、宿泊ゲストはお隣のフィットネスクラブのプール&スパを利用できます。とても分かりにくいですが、ホテル内から通じていて、外に出ることなく向かうことができました。 でも結局ホテルにいた時間が少なく、利用できず。。



IMGP1989
朝食は、パンの種類が豊富で、それだけでホテルの評価は上がってしまいます。



IMGP1991
黒パン、ライ麦パン大好き。大好きすぎて結婚したい。



IMGP1993
お紅茶はドイツの老舗ロンネフェルト。スパークリングワインは、ゲルダーマン・ゼクト。ほぼビジネスホテル?より
というホテルでしたが、泡があるのはさすがドイツ。



IMGP1996
ハムやサラミの種類が豊富でした。と書いておいて、全く違う画像。



IMGP1997
朝食会場は半分以上アラブ系のゲストの方々で、そのためかビュッフェメニューもイスラエルやドバイにありそうなメニュー(←どんなだ?)がコーナーの一角を占めていました。



IMG_0862
よれているし・・・。やる気のない画像です。



IMG_0861
前日のディナーは和食でしたので(デュッセルドルフといえば!和食。欧州一、日本料理が多く、美味しいといわれているようです)ちょっとドイツらしさを味わおうと、盛ってみたのですが激しく後悔。朝からヘビーすぎました。



IMG_0885
こちらがバー。朝は大賑わいでガヤガヤとしていたホテルでしたが、夜はとっても静かでした。

ラグジュアリー感などは全くないですが、立地はとても良く、サービスもキビキビとしてスマートで、ビジネスマンの方には使い勝手の良いホテルだと思いました。


→ 品川のストロングスホテル インターコンチネンタル滞在記
→ 大阪のインターコンチネンタル滞在記


***********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My Word Vol.4 


***********************