マンゴーをはじめ、ライチ、パッションフルーツ、グアバ、レンブなど、日本では高価だったりなかなか手に入りにくいフルーツがとても安く、フルーツ天国である台湾。
よってフルーツ好きの私は毎日山盛りのフルーツを食べる。
中でもパパイヤがとても安くて、パイナップルくらいの大きさのパパイヤが、39元とわずか100円ちょっとで購入できる。
美味しくて美肌効果もあってヘルシーなパパイヤがそんな価格で買えるなんて!
台湾生活を始めたころは、パパイヤを一度に丸ごと一個食べる日も頻繁にあった。

こんな形でフルーツが溢れている国なので、街中や夜市にはフルーツジュース屋さんも多い。
日本ではフレッシュジュースといえば、デパートの中に入っていたり、専門店だったりとちょっと高級なイメージだけれど、台湾はその辺のおじちゃん・おばちゃんが、’旬の取れたてフルーツがたくさんあるから、今屋台を始めてジュースを売っちゃった。’的な場所も多く、
(厳密には許可をとっているのかどうかも怪しい。これはジュース屋さんに限ったことではないけれど)
始めは衛生面とかどうなの?と思ってもいたが、今ではなにも気にならなくなって、フレッシュジュース屋さんを見かけては購入しているくらいなので、慣れというものは恐ろしい。

そんなフレッシュジュース屋さんで、私がよく購入するのは、 スイカジュースとパパイヤミルク。
スイカジュースは、シーズンだと1杯20元だったりして、とにかく安い。
元々は、浮腫みが解消されるので好んで飲んでいたスイカジュースだけれど、スイカは、成分のほとんどが水分なのでカロリーも低いし、 暑い台湾では熱中症予防、美肌効果も期待できるので、 今では見つけては積極的に飲むようになった。
一方、パパイヤミルクは一時期随分はまっていて、これまた毎日のように飲んでいた。 そのパパイヤミルクへの情熱は、
初めて台湾を訪れたときから始まっていたようで、「台湾でしたいことリスト」の中の1,2番目に挙げられていたくらい。
甘みたっぷりのパパイヤに、牛乳の甘みも加わって、 濃厚なシェークみたいな感じで、ドリンクというよりもデザートといえるパパイヤミルク。
「たった50元でこの美味しさを味わえるなんて、、、!」
これを飲んでいるときは、 あれだけ好きなパンなんてどうでもよくなるくらい幸せ感で満たされていた。

そんなパパイヤミルクは、コンビニでもパックで売られていて、とても人気がある。
ある意味、台湾を代表する飲み物といっても過言ではないように思える。
もちろんコンビニにあるパパイヤミルク「木瓜牛乳」は、ちょっと人工的で、甘ったるく、今ではほとんど飲むことはなくなった。

けれども、私は、このパパイヤミルクを見るたびに、いつも’彼’のことを思い出す。
それはパパイヤミルクのように甘く、素敵な思い出がほとんどだけれど、少しだけ苦みがある。

心の中に、その苦みが残っているから、
だから私は彼を忘れられないのかもしれない。

彼と過ごした時間は、ほんの極わずかな時間だけれど、 人生の中で最も記憶に残っている出来事。
彼ほど私の人生に影響を与えてくれた人はいなくて、そしてこれからもそれを越える人が現れるとは思えない。

IMGP0672 (2)
と、そちらがその思い出のパパイヤミルク「木瓜牛乳」です。
スミマセン、突然。。。
普通にご紹介しようと思ったんですけど、 なんだかこのパパイヤミルクには思い出がいっぱい詰まっているので、 書き出したらあんなふうになってしまいました^^
思い出に浸ってしまいましたが、
続きがありますのでいつか、、、どこかで書きます! 
最近は、ずっとオンラインサロンでこういったことを書いていたのですが、 むか~しは、ブログでも時々書いていました。

一番人気があったブログは、
⇒ 別れて正解だと思う
このブログは、当時アメブロも、いいねを始めたばかりで、まだ発達していなかった頃にも関わらず、イイねが1118もついたという一番多くの方にご覧いただけた記事です。
改めて読んでみると、
「このマンションはどこなのか、、ああ、あそこね」とサロンメンバーさんにはお分かりだと思うのですが。

他にも 
⇒ ご縁のない男性
⇒ お金持ちと結婚したい美女に対しての言葉
の記事も、旅行記よりも多く読んでいただいて、 「え、、旅行記っていったい・・・(´・ω・`)」と複雑な思いもありますが、 皆さんからのご意見伺えてうれしかったです。



IMGP0661 (2)
さて、このパパイヤミルク!
実は夏季限定でスイカミルクがあることをご存知ですか?



IMGP0669 (2)
毎年夏になると発売されるのですが
昨日すでに発見しまして、これからしばらくはコンビニに並んでいると思います。
パパイヤミルクよりもこのスイカミルクの方が甘さ控えめで好きなんです。
いや、どちらも甘いんですけど。
台湾で見つけたら、過度な期待をせずに飲んでみてください^^
「あまっ」という感想だと思います。
どのコンビニにもありますが、 メーカーはこの「統一」のパパイヤミルクが一番おいしい気がします。



IMGP0667 (2)
ちなみにカロリーはこんな形ですからどうぞお気を付けください^^



IMGP0673 (2)
台湾では、紙パックのまま、電子レンジで温めてもらうこともあります。
冷やすことはNGとされているので、常温を求める方も多いです。
冬なんかは私も温めていただいています。
夏季限定のスイカはさすがに温めて飲む用ではないのですが、 パパイヤミルクは年間いつでもあるため、この表記入りです。



IMGP0671 (2)
普段飲むとしたらこの牛乳。
理由は単に、台湾人の友人が進めてくれて、なんとなくそれ以来これ、、というだけのこと。

台湾では豆乳がお安く、たくさんのメーカーから発売され種類も豊富なんです。
私は、元々豆乳の方が好きなので、台湾では豆乳しか飲みません。

パパイヤミルクとスイカミルクは35元。(400ml)
でも豆乳は20元。(400ml)
二倍近く違う!
普通のミルクなんて、もっと高い。
(パパイヤミルク・スイカミルクは加工品なので、もっとクオリティ良い牛乳は高いです)

今度は美味しい豆乳もアップします。



***********************

☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   

ダイナースクラブ会員誌「SIGNATURE」連載 "Travel  My World


***********************