バンコク「ザ・サイアム」滞在記。
カテゴリ 2016年1月 バンコク

P1012434
非常にユニークで、センス溢れるザ・サイアムのお部屋。
全室スイート・ルームの客室はデザインは全て異なるそうです。
扉を開けると、、、



P1012177
きゃっ(●´ω`●)
到着日は夜でしたので、一段とムーディーでした。



P1012181
なんというか、色気のあるお部屋。



P1012182
手前のリビングルームは、両壁共にガラス張り。
どこにいても自分が写ってしまいます。



P1012406
太陽光が降り注ぐ、日中はこんな感じです。
夜の雰囲気とギャップがありますね。



P1012184
フルーツたっぷり!
毎日補充されます。



P1012188
続いてベッドルーム。



P1012189
ここに寝てもいいのかなって・・・。
そう思えるほど、美しく見える完璧なライティングです。



P1012196
テーブルはブラックに統一。



P1012203
テーブルからお部屋を見渡すとこんな感じ。



P1012206
そして素敵だったお風呂!



P1012211
白と黒で統一されたスタイリッシュなバスルーム。
ただでさえ、かなりの広さがありますが、
天井が高いのでより広く感じます。



P1012224
お部屋に関して言えば、どちらかといえば、
男性が好みそうかなと思います。
アルマーニホテルがお好きな方は、まさにお好みなのでは。
私的には、アルマーニホテルはクールで素敵なのですが、
一方でシンプル過ぎて、少し寂しい気もするので、
こちらのザ・サイアムの方が遊び心があってオシャレに感じます。
→ アルマーニホテルミラノのスイートルーム



P1012431
スリッパとバスローブも高級感があります。



P1012225
あと、親切だと思ったのはこちら。
カードキーに、タクシーのドライバー向けのアクセス方法が書かれていること。
カードキーとともにいただくケースやホテルカードには
住所が書いてありますが、
キーそのものに書かれているとは便利です。

バンコクの喧噪と切り離された隠れ家的なホテルですので、
ドライバーは、住所だけでは辿り着けないこともあるそうです。
今回私はホテルから一歩も出ませんでしたが、
お出かけの際は、タイ語で書かれたアクセス方法は重宝するはず。

そしてもう一点、このホテルならではのスペシャルなことがあります。
それは、専用ボートで、川沿いのホテルや駅へいつでも送迎可能ということ。
渋滞の多いバンコクの道を通らずして、船でチャオプラヤー川を眺めながら
優雅に目的地に向かうことができるのです。
マンダリンオリエンタルやペニンシュラ等の川沿いのホテルでも
専用ボートでの送迎はありますが、
場所が決まっていたり、時間が決まっていたりしますので、
好きな時にいつでも!どこへでも!というのは、
バトラーサービスのあるザ・サイアムならでは、と思いました。



***********************

☆オンラインサロン開設しました。
「Cielのインサイドストーリーサロン〜ブログでは書けないとっておきの話〜」


☆更新通知を
LINEで受け取れるようになりました。



☆著書
月に一度の世界スパ&ホテル巡り KADOKAWA

Amazon


☆女一人旅ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村   


***********************