おはようございます。

すぐ近くに、
トリュフ・ハンティングが体験できる場所がある、ということで行ってみました。




Nature Tartufi
トリュフ・ハンティングが家業である、家族経営のお店です。







シンプルでモダンなショップ。






香り高い黒トリュフがごろんと。
チョコレートかな?って摘んでしまいそう。






こちら全部でおいくらだと思いますか?

300ユーロ。
でした。
ちょっと拍子抜け・・・。
日本でしたら何倍?するのでしょうか。






結局、雨のため、土の状態が良くなく、トリュフ・ハンティングはできず。
そういうわけで、
オーナーのダニエラさんによる試食付き、トリュフ講義となりました。
これはこれで贅沢♡

こちら、訪問者はどなたでも無料でいただけるという・・・
太っ腹!なのです。
事前に予約は必要ですが、グループではなくとも受け入れてくださるのは嬉しいですね。

こういったティステイング大好きです。
→ モルディブ ギリランカンフシでのチョコレート×ワインティステイング
→ フィレンツェ ヴィラ・コーラでのオリーブオイルティステイング







試食というか、普通にお食事レベル!と思えるほどの量。
オイルもソーセージもチーズもソースもパテも。
全てトリュフ入りです。







食後には、トリュフ入りのスイーツセットまで頂けるという。






トリュフ×ハニー入りのリキュール。
口に含むと、最初にハニーの甘みがガツンときて、
その後、トリュフの香りが鼻にふわ~と広がる。
度数が40度近くなのに、飲みやすく、危険・・。






トリュフチョコ×トリュフ塩。
この組み合わせが美味しかった!






お土産購入しました。
こちらが、白トリュフのパテ。
この白トリュフは、この地域と、イタリアの一部でしかとれないという貴重なもの。
一番人気だそうですが、優しい味わいで万人受けしそうです。
濃厚なので、クリームパスタに少し加えるとすごく良さそう。






トリュフの瓶詰め。
瓶を開けるのが楽しみ。






カカオ72%。
トリュフは2%くらい入っています。
60gのチョコレートで1500円くらいでした。
とても薄いので、パンフレットみたいで、
かさばらないですし、軽いし、プレゼントに良さそうです。






その後は、BISKAといって、
イストラ半島でつくられているラキヤのお店へ。






BISKAは、ヤドリギを用いてつくられたもの。
度数は40%。






「BISKAは、お薬です」
と、何度も説明されました。

具合が悪くなったら飲むといいよって。

そんなユーモアなクロアチア人大好き♡





***********************************

7月17日、KADOKAWAより、
書籍「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」を出版させていただきました。

【楽天ブックスオリジナル特典付き】月に一度の世界スパ&ホテル巡り

楽天

月に一度の世界スパ&ホテル巡り

Amazon

よろしければ、お手にとってご覧いただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

**************************************

→ インスタグラム

海外旅行ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村