こんばんは。

今日はあいにくのお天気でしたね。
帽子が道路に吹き飛ばされてしまいました。
ハイ、漫画の世界みたい、でした。


さて、今日は、5月のイギリス行きに利用した
ブリティッシュエアウェイズの往路の機内設備について。
→ 出発前のラウンジは、こちら。
ラウンジは同じワンワールドのJALです。

今回、ファーストクラスを利用したのですが、
実は、もともとはビジネスを購入していました。
チケット購入1週間後くらいに、BAのウェブサイトにログインをしてみると、
例のファーストクラスへのアップグレードオファーが来ているではないですか!→詳細こちら
しかも、エールフランスの時と同じように
通常ではありえない超お得な価格設定です。
そういうわけで、このチャンスを逃すまいと、往路だけアップグレードをしました。

ちなみに、ビジネス→ファーストクラスのアップグレードオファーの金額は、
ブリティッシュエアウェイズ>ルフトハンザ>エールフランスの順でした。
でも3つともそれほど差はなかったです。

当日、お席が空いていたらカウンターでも可能ですが、
(お食事の用意がありさえすれば、できます)
意外にも当日の方が、ウェブでのオファー時より高いです。

と前置きが長くなってしまいましたが、
以前、BAのファーストクラスを利用したのは、
2014年夏、マルタにお引越する時でした。
あれからちょうど1年後となりますが、
特に目新しいことはなく、飛行機ファンとしてはちょっと残念でした。
今回は、お写真多めで、さらりと。詳細は前回のものをご覧ください。
→ ブリティッシュエアウェイズ ファーストクラス 機内設備&シート
→ ブリティッシュエアウェイズ ファーストクラス 成田ーロンドン往路 機内食
→ ブリティッシュエアウェイズ ファーストクラス ロンドンー成田復路 機内食




まずは、機内の様子から。






シートは1-2-1です。






全部で14席。
今回埋まっていたのは5席のみ。
皆さん、窓側で、
真ん中が空いていたので、私は中央のお席にしました。










窓側のお席はこんな感じ。






この扉を開けると、↓






ジャケット入れ。
本当に便利!
でも想像よりも入るので、私はバックをしまいました。












続いて、中央のお席。
この配置は、通称「離れたくないカップル用!」と呼んでいますが、
今、ファーストクラスはほとんど半個室式に変更しつつありますし、
この二人用席もいつかは貴重になるのかもしれませんね。






やはりゆったり感はあります。








このブラインド式窓は、開けても閉じてもOK。
お隣がどなたもいらっしゃらなかったので、私は寝るとき以外は開けていました。






パジャマ。






ファーストのタグだらけ。






BAのスリッパは、ビジネスもファーストも同じ。
これがまた、レベル高いんです。
滑り止めがついていて、使い捨てではもったいない、というほどのお品。






今回は、カメラ二台持っていました。
一つが、→ Q-S1
外国人受けいいんです。
おもちゃみたい!って。
 






もう一つは、PENTAXのKr。(→カメラバージョンアップしました。
レンズはマクロ用のものを持っていって、
機内で練習がてら、お食事だけ、丁寧に撮ってみました。






アメニティポーチ。








お食事後、すぐにベッド作っていただきました。






客室乗務員は、ほぼ男性でした。

私がお写真をたくさん撮っているので、
毎回「君を撮ってあげるよ」と皆さん言ってくださって。

Ciel :「いえいえ、自分は要らないんです」
とお伝えする度に、
CAさんの頭の上にクエスチョンマークが見えました^^

サービスは言葉遣いは丁寧ありつつ、やはり近寄りやすい
付かず離れずの適切なサービス。
心地よかったです。

あと、「おお~!」と思ったことは、
今回のフライトでは、他のお客様は、ご飯はさささっと、食後はすぐ寝られていました。
乗り馴れているのだなって。
それを肌で感じたフライトでした。

落ち着きがなく、本当に申し訳ないです・・・。
(でもお写真は、一番に入って、他のお客様がいらっしゃらない前に撮りました!)

私も、そんな淑女になれる日がくるよう、日々精進しようと思ったのでした。



***********************************

7月17日(金)、KADOKAWAより、
書籍「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」を出版させていただきました。
楽天ブックスで7月31日までにご購入いただいた方には、限定で、特典があります。

【楽天ブックスオリジナル特典付き】月に一度の世界スパ&ホテル巡り

楽天

月に一度の世界スパ&ホテル巡り

Amazon

よろしければ、お手にとってご覧いただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

**************************************


海外旅行ランキングに参加しています。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村