おはようございます。

先日に続きまして、
1月6日からのフィリピン・ラッフルズマカティ滞在記の続き、
今日でフィリピン旅行記は最後になります。
過去記事はこちらをご覧ください。↓
→ ジュニアスイート Junior Suite
→ アフタヌーンティ Afternoon tea
→ ロング・バー Long Bar
→ スパ Willow StreamSpa
→ ディナー Dinner 
→ ブレックファースト&カクテルタイム Breakfast / Cocktail time




朝食会場は、ディナーをいただいたメインレストラン’Spectrum’。
フェアモントホテルと共通の会場となります。








マニラのホテルNO,1レストランの称号をいただいているとのこと。








品数としては、そこまで多いわけではありませんでした。
ジュースバーが充実していて、7種類くらいかな?
ココナッツジュースをそのままいただけるのは嬉しかったですね。








洋食には全く興味を持たずに、フィリピンらしいものをセレクト。








こちらのMongolian Stationは、
ヌードルバーで、汁無し、汁あり
具材、中の麺も4種類から選ぶことができます。










フィリピン風ヌードル vs フィリピン風焼きそば。
両方とも美味しかった♡
サイズは、お椀くらいですからスルッと入ります。








点心も充実していました。
ミニせいろの中に一つずつ上品に。








パンは、ソフト系が多いですね・・・。
見た目から、ん~・・・、とパン好きにとっては残念な結果。
でもアジアでの朝食でパンは期待していないので、問題ありません。








グルテンフリーのパンがある♡
→ ピエールエルメの朝食@ル・ロワイヤルモンソー・ラッフルズでもいただきましたが、
もしかしたら世界のラッフルズホテル全てに置いているかしら?
これからどんどんグルテンフリーパンの時代が訪れることでしょう。








グルテンフリーパン大好き♡
ベーグル好きな人には、きっと好きなお味!







蜂がたっくさん・・・!
もしも割れたらどうしよう、なんて考えながら、
暴れている中から蜂蜜をいただく。








可愛い♡
マンゴー×ヨーグルト×グラノーラ。








マンゴー×ヨーグルト×タピオカ。

スタッフが多く、サービスもとても良かったと思います。
フィリピンは、’食’に関しては、他国よりあまり期待できないイメージが強いけれど、
朝食&ディナー共に満足できました。





*******************************************



続いてカクテルタイム、18:00~20:00。
こちらも、アフタヌーンティ同様、
ラッフルズホテル宿泊者は無料でいただけます。
こちらのWriters Barをクラブラウンジのように利用できますので
とてもお得に感じます。→詳細はこちらをどうぞ








「え?まさかのあの’シンガポール・スリング’も飲み放題・・・?」
これはイケナイ・・・・・。







クラブラウンジのように、ビュッフェではなく、
こちらでは、カナッペ&スナックはドリンクオーダーとともにサーブされます。







Writers Barだけあり、ゆったり集中できる空間でした。
ビール9種類、カクテル5種類、ワインもあり、
クラブラウンジより贅沢に感じます。
(ラッフルズゲストはドリンクは終日無料。
ビジターも通常のホテルロビーラウンジのように終日利用できます)







同じ建物内にラッフルズ・レジデンスがあります。


さて、久々のラッフルズホテル滞在。
ラッフルズホテルと言えば「シンガポールが王道」の印象が強過ぎて、
他国ではなかなか機会がありませんでしたが、
今回、素晴らしさを再確認。

歴史あるホテルのサービスは、さすがに洗練されていて、
自宅にいるかのようにリラックスできました。

マカティの街も気に入りましたし、
またゆっくり訪れたいです。




海外旅行ランキングに参加しています。
いつも応援してくださっている方、ありがとうございます!
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村