こんにちは。

→ 昨日に続きまして、フィリピンのマカティ旅行記の続きです。

ラッフルズマカティに滞在しますと、
一階ロビーの横にあります、Writers Barをクラブラウンジのように利用することができます。
つまり、お茶、珈琲、ソフトドリンクなどは終日無料、
14時半~17時はアフタヌーンティーが無料、
18時~20時はカクテルが無料となっています。




こちらがWriters Barです。
ホテル宿泊者以外でも利用できるオールデイダイニング。






到着したその日は、アフタヌーンティーをいただきに行きました。
ピアノの生演奏と共にゆったりとした時間です。







担当のバトラーさんに、「行ってみようかな」と曖昧にお伝えしていたのに、
お席を予約してくださっていたのです。
嬉しい!







ラウンジ全体を見渡せる奥のお席です。







ラッフルズゲストは無料、
滞在者以外の方は、995ペソ。
最後にお会計をされていらっしゃる様子から、
アフタヌーンティータイムは、外からのお客様の方が多かったように思います。







まず始めにサンドウィッチ等が運ばれてきました。
お茶は11種類、珈琲は7種類の中から好きな物を。







そんなことより二人分・・・。
「ちょっ・・・」 と、「ちょっと」の「と」が言えない感じの反応。
「二人分~からなのよ。素敵なアフタヌーンティーを楽しんでね♡」
と笑顔で言われてしまったので、何も返せませんでした^^;








その後すぐに、スイーツが+スコーンが登場。








「そうなっちゃいます?」
はい、もちろん二人分でございます。







一段目。







二段目。






三段目。






へへへ♡
大好きなスコーンにはやっぱりテンションあがります♡








しっとり・柔らかい系のスコーンです。
私の好みのざっくり系食感ではありませんでしたが、
甘すぎず美味しかったです。







クロテッドクリーム×ジャム(手作りのラズベリーでした)をつけた方が
やっぱり美味しい。
ジャムの酸味で甘みもますますおさまるので、やめられません♡







ここ数年は、
アフタヌーンティーといえば、クラブラウンジで時々いただくくらい。
その場合、量は控えめですから、
久々にフルで登場するとやはり迫力がありますね!







案の定、お部屋にお持ち帰りとなりました。

お味的には、感動する美味しさはないのですが、
お席の間隔も広く、ゲストも少ないこの空間で、
優雅な雰囲気を味えたのでとても満足です。
私的にはアフタヌーンティーはシンガポールラッフルズよりも
こちらマカティの方が好みでした。
(シンガポールは予約をしても並びますし、半ビュッフェでしたので・・)

しかし、こんなお腹いっぱいの状態で、
ソフトクリームを食べた私はすごいかも。


海外旅行ランキングに参加しています。
いつも応援してくださっている方、ありがとうございます!
↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村