こんばんは。

先日、→ レクサスのカフェ
を訪問した帰りに、同じく青山にオープンした台湾発のパイナップルケーキ専門店
「微熱山丘 SunnyHills at Minami-Aoyama (サニーヒルズ 南青山)」 に立ち寄りました。

台湾のお土産といえば、パイナップルケーキ!と即答がくるほど、
日本人の定番土産として人気の高いパイナップルケーキですが、
中でもこちらのサニーヒルズは、一番人気。


表参道駅から徒歩5分くらい。
住宅街を進んでいくと、ヒノキの角材に覆われた建物が現れます。
店舗の設計を手がけたのは、日本を代表する建築家、隈研吾氏。




この建物は何だろう?と興味を持ち、入ってくる方が多いこと。




売っている商品は、パイナップルケーキのみ。
5個入り1500円、10個入り3000円と、この2種類。




にもかかわらず、二階、三階まである。
なぜ?






二階も三階もカフェのようなスペースになっていますが、
実はこちらは試食コーナー。




こちら試食ですが、
丸々一個いただけます。
お茶もお変わり自由。
もちろん無料です。
ここは台湾かと錯覚してしまいました。(台湾ではこういったことがけっこうありますので)





正直、パイナップルケーキはそんなに好きではありませんが、
こちらのものは、美味しいと思います。
パイナップルが生っぽい、そして酸味が強い。
生地もさくっとしていて、甘さも控えめ。
人気NO.1というのも納得で、
「パイナップルケーキなんてどこで食べても一緒だよ。
特に要らない」という男性でも、こちらのPケーキに関しては、
「おお~!」と感動される方も多いです。
日本で発売されているものは、日本人向けに少しアレンジされているとのこと。
(私的には、あまり変わりは感じられませんでしたが)

台湾では、10個入り350元(約1200円)ですから、
日本価格は2.5倍ですが、5個入りから購入できますので、
ちょっとしたお土産に便利だと思います。