おはようございます。

さ・・・むいですね。
(と申しますと、「今日は暖かいよ」というお返事が続出でしたが。)

東京初日の夜は久々のセンス@マンダリンオリエンタルへ。




東京の夜景もやっぱり素敵ですね。






こんなロマンティックなレストランで♡
お相手はもちろん♡
むふふ~♡








って、デートではございません (+_+)
10代からずっと仲良しの同じ年の男友達Sくん。
(あ、もうどう考えてもSくんと呼べる年齢ではありませんので、
以下S氏)


S氏:「なんで、お前とこんなところに来てるんだ?」
私:「というか、なぜこのお店をセレクトしたのよ?」
S氏:「なんかデートっぽくないか?」
私:「え・・?さては私を口説く気ではないわよね?」
S氏:「ないわな、ないない。
地球上に、俺とお前の2人しかいなくなったとしても、
俺は子孫を残す自信はない」
私:「ヽ(`Д´)ノ」

毎度のことですが、本当に失礼です。
(まあ、こんな関係だからこそ、ずっと友人としてお付き合いできているわけですが。)

と、こんな感じに口のよろしくないS氏ですが、
なかなか紳士的な一面も持っておりまして、
私が海外に行く度に何気なく気遣いあるメールをくれたり、
(でもその内容も、
「日本人女子と分かって近づいてくるオトコは、
お金か国籍か体が目当てと思いなさい」とか
「海外ではスッピンにちょんまげで過ごしなさい、
ただお前を狙うモノ好きはいないので参考までに聞きなさい」とかなのですが)
また、同じ年ですし、単なるお友達なので、
時々の時々、「今日は私がごちそうするよ。」
と言っても、「お前にごちそうされるほど、俺は腐っていない」
など、昔からオトコらしいです。

と、余談でしたが、
大人になってからはそんなに頻繁に会うこともなくなってしまったのですが、
今もこうして本音をぶつけ合える数少ない大切な男友達の一人です。






昨夜は私のお祝いをしてくれたので、
完全に私の好きなメニューをアラカルトでいただきました。







伊勢エビのチャイニーズカルパッチョ。







お魚が続きますが、赤ワイン。
シャトー・ブラネールデュクリュ
スパイシーでエキゾチックなアロマの香りがしました。







ハタのさっと蒸し 香港スタイルのフィッシュソース。







このソースがとても美味しかったです。
この繊細さ、和食みたい。







中国野菜は、豆苗の炒めものにしました。






シンプルにエビチリ。

コスパが良いかは謎なのですが、
やっぱりサービスは最高で、心の満足度は大きいです。

ただ、デート向きにはよいと思うのですが、
夜のセンスは、やはり少し暗過ぎるんですよね。






そして、帰り際。
なんとサプライズのプレゼント!をいただいてしまいました。







あまりに驚いてしまって、
私:「え~、、、!!!聞いてないよ」
S氏:「言ってないし」
私:「何ですか、こちらは」
S氏:「恥ずかしいから今開けないで。おうちでよろしく」
私:「う、うん」
S氏:「まあ、大切に使ってくれ」

ちょっと、この意味有りげな雰囲気は何?
「あなたとは、単なるお友達よ、
ちょっと、勘弁してくださいよ」と思ったところで、お開き。

でも何はともあれ、いただきものは嬉しいので、(←単純)
それもKITSUNE!
「深い意味があったらどうしよう」(← ないない!)
なんて思いながら
ちょっとドキドキしながら開けてみました。






何コレ!笑


サプライズ過ぎたわ。