おはようございます。

前回のブログでは、コメントやイイネをたくさんいただきありがとうございました。
いつも嬉しく思っています!
お返事、これからゆっくり書かせていただきますね。



さて、フォーシーズンズをあとにしまして、
次の滞在先は、リッツカールトンです。
セキュリティーチェックがとても厳しくて、
→ モスクワのリッツカールトン
とは大違いでした。







入り口すぐのロビーにあった靴磨きやさん。
旅行中お洒落な靴は履かないので、
素敵な靴を履いている方を見かけると羨ましいな。







まずは一階のレセプションで、ウエルカムティー。







サーレップでした。
トルコアイスの伸びる原料となっているものですね。
濃度が濃くこってりしていて、クリーミー。
ミルキーのようなお味で、ものすごく甘いですが、一口サイズなら本当に美味しいです。







 → ドバイのジュメイラザビールサライ
のような豪快さはないですが、もちろん、ウエルカムスイーツ、ロクムもありました。







その後は12階のクラブラウンジでチェックイン。






ラウンジは、お食事どころのテーブル席と、
寛ぐソファー席の二部屋に分かれていました。







ラウンジからのビュー。






お食事は、朝食、昼食、アフタヌーンティー、カクテルタイム、スイーツタイムの
1日5回。
こちらはカクテルタイム。
お酒は終日ありました。







リッツでは、スパかラウンジかお部屋、ずっとホテルにいました。
中華圏が旧正月あけましたので、お仕事していました。







お刺身(というものでしょうか)もありました。







お酒はわりと充実していました。
スパークリングワイン1本、白3本、ロゼ1本、赤4本。


ところで、昨日のブログで少し触れましたが、
海外の街中で、極力目を合わせないことについて。

トルコは、昨年の英語圏のニュースサイト『Business Insider』
「性犯罪多発!女性旅行者にとって最も注意すべき8か国」
のベスト三位になっています。
(インド、ブラジル、トルコ、エジプト、コロンビア、グアテマラ、メキシコ、ケニアの順)
この8か国のうち、おそらく一般的なイメージとして、
「一人旅をしやすい、危険ではなさそうであろう国」は
トルコではないかな、と思います。(あくまでもこの8か国の中)
まして、トルコは親日の国として有名ですから油断してしまうかもしれませんが、
以前にもまして声のかけられ方は普通ではないような感じ。

今、たまたまトルコにいるので書いているだけで、
どこの国でも同じなのですが、
ブログには書いていませんが、
日本人が大好き!と言っている理由の一つに、
日本人女性である私が聞いて、
あまりにも情けなく恥ずかしいような内容も多いです。

まともな男性はまず、街中で気軽に女性に声をかけてはこないと、
分かってはいても、なぜついていく人がいるのでしょうか。
そもそも、まともな男性は、日中ふらふらしていません。

昨日のコメントでリクエストをいただいたので、
海外での危機管理について、いつか書けたらいいなと思っています。


それでは、これから朝食いただいて、空港へ向かいます。
無事に到着できますように・・・!