こんばんは。

SAKIDORI FRANCEワークショップの日の夜は、
パリ=イル・ド・フランス地方観光局主催の「印象派を巡る旅」の夕べ
が開催され、私も参加させていただきました。

昨年開催された
→ ミディ・ピレネー地方ディナーパーティー@東京ステーションホテル   
はこちらをどうぞ。


$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

会場は、八芳園。
緑溢れるこちらの庭園で、あきさんと、co malicoさんとまずはアペリティフを。





$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

シャンパン×スピリッツ。
とても度数が高いのですが、飲みやすかったです。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

ディナーのお時間になると、会場の扉が一気に開きます。
いつも素敵なサプライズ!






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

イル・ド・フランスとは、パリを含むフランス中北部の地方で、
現在は、7県から成る地方をさしています。
この地方だけで、フランス全人口の19%を占めているそうです。
王家発祥の地であり,フランス発展の中心でもあります。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

それぞれのテーブルには、印象派の画家のお名前がついていました。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

各テーブル9名席。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

テーブルでは、
TV「世界一周 鉄道紀行」、ルレ・エ・シャトー、雑誌「ミセス」、「GOLD」、
オード県観光局の方たちとご一緒させていただきました。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

まずは、フランス観光開発機構在日代表
フレデリック・メイエール氏のご挨拶。
今回は、全て日本語でのご挨拶。素晴らしいです。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

次に、イル・ド・フランス地方観光局広報
フランソワ・ナヴァロ氏のご挨拶。
日本人旅行者の方たちへの「温かいおもてなし」を大切にしたい、とおっしゃっていました。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

その後は、クリスティアン・マセ駐日フランス大使による、ご挨拶と乾杯の音頭を。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

お食事をいただきながら、イル・ド・フランスの印象派を巡る旅を
ご紹介していただきました。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

シャンパンは、お馴染みローランペリエ。





$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

メインの特選牛背肉蒸し焼きは、かなり脂がのっていましたが、
噛まなくてもとろけるくらい柔らかくて美味しかったです。
パイの包み焼きの中身は、ピジョンでした。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

チーズの状態は、さすがでした。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

このような、漫画方式で、イル・ド・フランスをご紹介するコーナーもあり、
こちらは実際に、女性同士での旅行のシミレーションにもなりそうです。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

イル・ド・フランスは、
パリに近いことから政治的・文化的に重要な施設などが数多く点在しており、
大都会であるパリとは対照的な
豊かな田園風景や深い森林地帯が広がっているそうです。

この地方と言えば、
ルノワール、モネ、ドガを始めとする「印象派の画家」のイメージが強く、
そればかりが頭に浮かんでいましたが、
フォンテーヌブローの宮殿やベルサイユ宮殿など、
他にもたくさんの見どころがありますよね!

そのほとんどの観光地へは、パリからの日帰りが可能ということが魅力的です。





$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

フランスの伝統的な車「2CV」に乗って、
今回ご紹介いただいた印象派の画家を巡る旅ができるツアーもあるそうで、
私はこちらがとっても気になっています。
(画像は、ウィキペディアよりお借りしました)

次回の訪問場所が決まってしまいましたね♡





$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

お土産にいただいたものは、ピエール・エルメのマカロン。






$月に一度の世界スパ&ホテル巡り 

イル・ド・フランス地方の魅力に触れた素敵なディナーでした。